本文へスキップ

天日海塩750 総販売元 「ご塩社」 塩屋歴20数年

メールでのお問い合わせ電話.0123(57)7139

〒068-0413 北海道夕張市鹿の谷三丁目3

天日海塩750 総販売元 ご塩社 夕張 北海道 お塩をちゃんと摂ろう

なぜ、お塩が大切なのか? 赤い血潮 体の中にショッパイ海を持っている

「天日海塩750」大海の不思議な力 元氣に楽しく健やかで美しく

自分だけの力では、どうにもならない時、大海のパワー「お塩」で解決です
心身ともに疲れている時ほど、天日海塩は、活力になり、お役にたちますよ
天日海塩を一握り入れて入るお風呂は、その日の厄を落とし疲れを取ります
天日海塩で、いい塩梅の食事は、体温を正常に維持し、元気の源になります
調子が悪い時などは、ひと舐めすれば、スイッチ切り換えになり体質転換に

お塩の未知 意外と知られていない「お塩の真実」と「減塩の背景」

お塩は、お水や空気と同じように、生きていく為に不可欠なモノ

必須アイテムのお塩が、「塩分控え目=減塩」と一般的になり、病気の元凶にされ塩は血圧を上げるとなっている。なぜ、塩がこんな扱い方になったのか
そこには、いろいろな背景(思惑)があり、どうやら悪者=スケープゴートを登場させなければいけなかった事情があったようです。国民の健康を犠牲に
してまで(医療費は43兆円を越えようとして歯止めが効きません)、大切なお塩を悪者扱いにしてまで
厚生省もグルになって、推し進めてきたのが、「減塩」指導です。おまけに、塩の監督官庁は、財務省でお金を扱うところなんです。経済=お金を最優先させた国の方針によるものです。スゴイでしょう!

「減塩で死ぬ」by武田邦彦先生

ぜひ、武田先生の解説をお聞きください
「塩分控えめ=減塩」が、無意味であり
健康を損ねる原因となっているかを解説
人間は、「赤い血液」で生きております
「血液」を正常にすることが、最も重要
「血液の塩分濃度」は、0.85%で、この
「塩分」をちゃんと摂取することが大切
塩は、ミネラルの担体ですから、塩分が
不足すると必須ミネラルが必要な場所に
運ばれないことになります。お塩が不可欠で大切な証でもあります。逆に言うと、ちゃんと塩を摂取しておけば、「何とかなる」のですが、その塩を減らすとどうなるか理解できましたか?

「本物のお塩」とは、ミネラルの塊 

あの海水のショッパイ味の正体は、ミネラル
海水の主成分は約80%「塩化ナトリウム」
残りの20%が、「ニガリ」で他のミネラル
海水の水分を飛ばすと白い結晶が抽出する
じつは、この結晶は、「化合物」です。
塩化ナトリウム=NaCl NaとClの化合物
Na(ナトリウム)とCl(塩素)が、結びついたものです。白い結晶は、水分がなくなったので、ミネラルが結びついた化合物となります
本来の塩は、海に含まれているミネラルの結晶です。「塩化ナトリウム」だけの食塩は、「ミネラル欠乏塩」であり、しかも、工業用の塩と同じ製法で電気分解や薬品を使って製造してい「純粋物質」で、薬品に匹敵します。1971年以降、46年間も食塩として続いています

食用最適塩として、生まれた「生の塩 天日海塩」

塩とは海の水が干上って出来た結晶です。海岸で日光や風などで海水の水分がどんでいき残ったものが、「塩」なのです。すると皆さんは、「塩田でつくっていた、昔からの塩つぐり」を思い出す事でしょう。しかし、この塩づくりの方法は、「最後の仕上げでまちがっていた」のです。濃縮された海水を仕上げる時に、大きな平釜に入れて火をたき、海水を煮たてて水分を飛ばして塩を仕上げていたのです。自然界の塩では、「煮たてる」という工程がありません。実はこの工程が、大変なまちがいで、塩の味を辛くてまずいものにしていたのです。海水のもっている機能は、「煮る」と全てなくなってしまうのです。また、海のしおっぱさの正体は、ミネラルがとけんだものです。海水浴などで、海水を誤って飲んでしまって辛い思いをしたことがあるでしょう、海水の塩分濃度は、約3.5%です。人間のからだに含まれている塩分濃度は、0.85%ですから、海は人の約4倍、人は海の4分の一です。4倍もするから、しおっぱい・苦いのです。人は、経験則により、海水が人に適合しないことは、わかっていたので、海水そのもではなく、「塩」という結晶にして、使ってきました。海水の水分を飛ばしただけの塩の結晶には、海水の粉末ですから、人の体に適合しない比率や濃度のミネラルが含まれております。病院では、瀕死の患者さんに処置する点滴(輸液)のリンゲル液は、人間の血液のミネラルバランスに近い塩分濃度で造られていて、血液にぶち込んで蘇るという塩水です。いかに塩分が体に大切かを物語っている証拠です。なのに、口から入れる塩を控えろ=減塩を指導します。大きな矛盾です。さて、理想的なお塩の条件は@人の体に適合した成分の塩 A熱を加えないで結晶する塩 B水に溶けやすい塩 C血液に届く塩が、食用最適塩(ご塩)で、「塩欲求」を満たす、体に良い、お塩です

ご塩社 北海道 〒068-0413
北海道夕張市鹿の谷三丁目3番地
TEL /FAX:0123(57)7139