本文へスキップ

天日海塩750 総販売元 「ご塩社」 塩屋歴20数年

メールでのお問い合わせ電話.0123(57)7139

〒068-0413 北海道夕張市鹿の谷三丁目3

お塩の事をもっと知ろうお塩の真実と減塩の背景

お塩の未知 目次

なぜ、いま、お塩が大切なのか?お塩の必要性と問題点

お塩の未知」、意外と知られていない「お塩」の事を、
人の身体の人体生理や健康に内容を絞りご案内します


お塩の製造や供給が、国家の重要な役割の一つであることは、
古代から現代に至るまで同じです

お塩の未知 目次

お塩の道を築く道のり
 ☆当たり前の反対の言葉は?
 ★塩の道と「お塩の道」
 ☆
「お」と「ご」の意味
序章 はじめに 読むお話
 ☆当たり前の反対の言葉は?
 ★増え続ける医療費
 ☆日本は介護が日本一必要な国
 ★日本民族存続のために出来る事

第一章 人は、お塩の事を、知らな過ぎる

第二章4.塩は血圧を上げるのか

第三章5.ボタンの掛け違い

6.減塩の背景にあるモノ

7.海は、ミネラルの宝庫、そして、お塩は、ミネラルの結晶

8.増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

9.日本の風土に合わない「栄養学」を鵜呑みにしてはならない
 栄養学の過ちとは

10塩化ナトリウムとニガリ

余談:北海道の国道に撒かれる融雪剤は、「塩化ナトリウム」エゾシカにとって「塩場」が作られ、繁殖が旺盛になる

健康とは、電気力が、中和していること

活性酸素と病気

増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費





本を書くに当たり ポイントの整理

なんのために、お塩の事を書き、伝えようとするのか?



増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

目次

@はじめに、読むお話
A
B写真の説明を記入します
 

お塩の未知 出筆中  著者 笹谷達朗

「お塩の真実」と「減塩の背景」について
20数年のお塩の追求を一冊にまとめました
起点は、昭和20年の戦争終結により日本は、敗戦国となり、戦勝国に利用される立場になり、復興が一番の目標に置かれたこと。黒船ペリーは、本国に「日本人は優秀だ。日本は、100年後、米国にとって脅威の国となる」と報告した。それ以来、米国は日本を研究しつくし、日本を何とか利用出来ないかと模索し、戦争に勝ち、占領し、3S政策を戦後実施して、今もなおその弱体化が続いているのです
日本を利用し、優秀である大和民族を弱体化することが、支配する側の常套手段であることは周知のとおり3S政策に続く次の「S]は、SALT(塩)だったのです。歴史を踏まえて、お塩の事を追及するといろいろ
見えてくることがあります。「減塩神話」の誕生のことを調べると、「塩」と「高血圧」を関連付けた背景で、科学者が言ってのけた内容が滑稽すぎるのです。今や、「塩と高血圧」の関係は、研究すればするほど
関係性がすすれていくとされ、1995年のレポートで、決着済みとされていますが、日本では根強く残って
「減塩=塩分控えめが、ヘルシーだ」と信じられ、当たり前となっております。減塩で死ぬ by武田先生


お塩は不可欠で大切なモノ なぜ、悪者扱いになったのか? 脱「減塩」

院長写真

最近、お塩は、お水と同じように、しおと「呼び捨て」扱いです
お塩・お水・お空気は、人が生きていく為に不可欠で必要なモノ
「塩」と呼び捨てにしてはどうかなと思い、「ご塩(ごえん)
1971年、46年前に、法律(塩業近代化措置法)をつくり、長年続いてきた塩田をつぶし、工場で造る「食塩」に、切り換えました
この食塩は、「塩化ナトリウム NaCl」そのもので、薬品に等しい本来の塩というのは、海はミネラルの宝庫なので、海水の水分を飛ばして造る結晶で、ミネラルの塊であるべきなのですが、海水の主成分である「塩化ナトリウム NaCl」だけを、純粋な塩として食塩にしてしまった。食塩は、「ミネラル欠乏塩」で、大問題!食塩の製造方法は、工業用の塩と同じで、電気分解や薬品を使う「塩」の監督官庁は、旧大蔵省の「財務省」です。お金を扱う官庁が、生きていくために大切な塩を所管これは、食塩の需要が、塩全体の需要の約10%以下である事、また、国民の健康よりも、経済・お金を優先させた政策に問題の根源があるようです。医療費が43兆円を越えて歯止めが効かずあわてています



なぜ、いま、お塩が大切なのか?お塩の必要性と問題点

お塩の未知」、意外と知られていないお塩の事を、
人の身体の人体生理や健康に内容を絞りご案内します


お塩の製造や供給が、国家の重要な役割の一つであることは、
古代から現代に至るまで同じです

お塩の未知 目次

お塩の道を築く道のり

序章はじめに読むお話
 
 ★増え続ける医療費
 ☆食塩は「医薬品」だった
 ★ボタンの掛け違い


第一章3.食塩は「医薬品」だった

第二章4.塩は血圧を上げるのか

第三章5.ボタンの掛け違い

6.減塩の背景にあるモノ

7.増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

8.増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

9.増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費

増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費増え続ける医療費






ついて

ここに紹介文が入ります。


○○○○
○○○○
○○○○
○○○○
○○○○

ご塩社 北海道 〒068-0413
北海道夕張市鹿の谷三丁目3番地
TEL /FAX:0123(57)7139