血液の話「塩と血液」 自然医学会会長 森下敬一著

生命維持に不可欠な塩

われわれが、日常摂取している塩は、日光、空気、水、土などと同様に
生計活動の支えとして欠くことのできないものである。
食品の数は多いが塩気のはいらぬ食品はほとんどないといってもよいほど。
すなわち、
それほど塩は、われわれの生理作用にとって重大を意義をもっているということだろう。
塩が絶対不可欠のものであるのは、われわれの体が、塩類代謝の正常を進行のうえに、
はじめて生命活動をスムーズに営めるようにつくられているからだ。
われわれの体液や血液に塩分が含まれているのは、原始生命が海から生まれ、
そしてそこで育まれてきたためだ。

細胞は、常に一定の塩分を含んだ水に浸されていなければ生きられない、
という宿命を背負っているのである。


すなわち、
細胞が生命活動をおこなう際には、必要な浸透圧が一定に保たれていることが不可欠な条件で、
その適度な浸透圧を維持するために、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄鋼などと
ともに塩分(ナトリウム)が一定の濃度で含まれていをければならないのだ。
 
たとえば、ナトリウムが異常に増加すると、
そのナトリウムが体内に水分を引きつけるように働くので、
体内の水はだぶつき気味となる。反対に、ナトリウムが減少すると、水分の排泄は促される。
このように、ナトリウムの増減にともない、体の中の水分は増減する。
もちろん、このような水分の移動はナトリウムの作用だけによるものではない。
ナトリウムと桔抗的に働き、水分代謝に重要を役割をはたしているのはカリウムだ。
けっきょく、ナトリウムーカリウムのバランスがとれていることが、脱水や浮腫をおこさず、
正常に生理作用を進行させる条件となる。
そして、このほかの微量成分も、互いに微妙をバランスを保つことによって体液の性状を、
生命活動にとって好都合な状態にしているのである。

ミネラルを含む塩が必要

「ナトリウムをはじめとしたすべてのミネラルは、新陳代謝作用にともない、体外に排出されていく。
したがって、適宜食物として補足しなければならない。その代表的な供給源の一つが食塩なのだ。」

われわれの生理にとって望ましい自然塩は、海水を濃縮結晶させてつくる。
それはナトリウムと塩素が主体となって、
カルシウムやマグネシウム、カリウムなどの各種ミネラルが抱き合わせになったものだ。

詳しく成分分析してみると、五十種以上の物質で成り立っているもので、
そのような自然の複合物質であるからこそ、われわれの生理機能に対して有効に働くのである。
 「食塩の必要量は一般にいわれているよりもかなり多いもので、
  一日あたり約30グラム(日本人)~15グラム(外国人)である。」
 
もし、塩分不足になると、食欲減退をはじめ、胃液が十分につくられなくなったり、
体の組織の調節機能が乱れ、炭酸ガスを肺に運び戻す働きがうまくいかなくなったり、
神経や筋肉の活動が正しくおこなわれなくなる。
すなわち、体の生理機能が順調に進行しなくなるのだ。

食塩水(リンゲル液)を瀕死の病人に注射すると、活力が喚起されて、
回復の転機となることもあるのは、
食塩が人間の生理の死命を刺する働きをもっている事実を物語っている。

 
なお、最近、ミネラル欠乏塩による障害が激増してきている。
たとえば、現代の若者たちが、全般に身長は著しく伸びたのに、内臓や骨組みがひ弱で、
抵抗力の弱い体となっているのが、そのよい例だ。
そのほか、現代人の心身にあらわれている障害の多くは、
極度に精製された塩の害によるものとみなしてよい。
その一つは、赤褐色の髪が多くなり、若白髪や若ハゲも増加していること。
このような頭髪の異変は、ミネラルを含まない精製塩の引きおこす異常の典型で、
血液及び体液中のミネラルの組成が混乱したため、体全体のミネラル代謝が狂い、
頭部皮膚の生理が異常となったもの。
そして、そのミネラル代謝の失調は、頭髪の異常にとどまらず、
もっと深刻な障害を引きおこす。
すなわち、ガンをはじめ肥満、高血圧などの疾病の原因となり、頭脳活動も著しく阻害される。

塩の生理作用と役割

では、食塩はわれわれの生理機能上どのような役割をはたしているのかといえば、
一口でいうと、新陳代謝作用の主導権を握っているのである。
われわれの健康障害は、いずれも新陳代謝の異常によって引きおこされる。
ガンさえも例外でなく、新陳代謝の異常が、
血液の酸毒化をもたらすことによっておこることを考えても、食塩の重要性は理解できるだろう。
 塩分は新陳代謝の正常化という作用を介して、血液を浄化し、血液本来の機能を強化する。
そのほか、唾液、尿、胆汁の中にも含まれ、各組織の活動を支えている。
特に胃液では、重要成分である塩酸を構成している
また、塩は、血管壁に沈着した鉱物質を排除し、血管の硬化を防ぐ。
同様に、腸壁に沈着している鉱物質を溶解し、腸の嬬動を高めるとともに、
消化液の分泌を助け、腸内の異常発酵を防止する。
そのため、食物の消化吸収を妨げる条件が除かれる一方、毒素の吸収が防止されるので、
消化吸収が速やかになるとともに血液が浄化される。
したがって、
病人や虚弱者とくに胃腸の弱っている人は、
生理的な意味での良質(純粋の意味ではない)の塩を
不足しないように補給休することが重要である。

血中の蛋白質の一部は塩と結合することによって、
蛋白質がすぐに全身の組織細胞で活用されうる溶解状態でいながら、
腎臓膜でこされたり、他の組織において漏れこぼれたりしない状態に保たれる。
このことから、極端に塩分を制限した食生活をおこなっていると、著しい体の衰弱を招くけれど、
その際は塩分の欠乏が、体蛋白の減少を招くことも重要な要素となっていると考えられる。
 「食塩は、粘膜や皮膚を刺激して、粘膜の分泌を促したり、その部分への血行を増大させたりする。
そのために、適度な塩気を含んだ食品が、唾液や胃液の分泌を盛んにし、食欲をそそるのである。
反対に、塩分を含まぬ食品は消化がおそく、胃中に停滞しがちで、消化不良の原因となりやすい。」
 また、食塩には強い殺菌力、防腐力もある。
傷口に食塩をぬることにより、化膿が防げるし、特殊を例では、食塩の投与で、
ひどい急性肺炎を一夜で解熱させたり、どんな治療も効果のなかったアメーバー赤痢を
治したりした例がたくさん報告されている。
人間は半ば腐敗したようなものでも食べて平気でいられるのは、一つには塩の殺菌作用のおかげだ。
塩は、少しぐらい有害な物質や細菌が発生・侵入しても、それらの害作用が組織細胞に及ばぬよう、
防衛してくれているのである。われわれの体にはくまなく塩分がゆきわたっている。
いわば、
適度な塩漬け状態にあるといえる。

適量とることが重要

以上のようなさまぎまの有効を作用が得られるのは、食塩を適量に用いた場合であり、
いかに生理作用に不可欠を食品とはいえ、とりすぎれば害となる。
害作用を生み出す原因として、まず刺激性の強いことがあげられる。
この刺激性が薬として秦勅する場合もあるわけだけれど、味覚を麻痺して塩味に鈍感にさせやすい。
そうなると、塩を多食がちになり、老化の有力な原因となる動脈硬化を引きおこす。
これは、特に塩に含まれる非生理的爽雑物が、物質を収縮硬化させる性質をもったためだ。
この性質は弛暖した組織を引きしめるためには有効だが、過剰になると、
血管の柔軟性をそこねてしまう。
しかし、塩を多食しても、速やかに排出してしまえば、比較的害は少ない。
運動、発汗、呼吸、入浴などは塩分の排泄を促す条件であるので、
体をよく動かし、汗を流す機会の多い人は、食塩を多くとってもよいわけだ。
ただし、汗をかいた折に水や清涼飲料水をガブ飲みして、
かえって塩分不足による害を招くことが多いので注意が必要。
このことからもわかるように、

塩分の必要量は、生活条件によって大きく変わるので、
一概に一日何グラムと定めることはできない

 
いずれにしても、塩は生理の自然からいってそれほど多量にとれるものではないのに、
実際には、塩害による障害をおこしている人もいる。
このようを場合には、塩分の摂り方を工夫する必要がある。食塩そのものとしてではなく、
極力みそやしょぅゆなどをとるとよい。
これらに含まれる塩分はカドがとれて刺激性はうんと弱められている。
 逆に脱塩状態にある人も、みそやしょぅゆを積極的に摂って塩分補給をはかることが重要だ。
脱塩状態におちいるのは、白米、野菜を中心にした誤った菜食をおこなっている陰性体質者に多い。
つまり、塩分過剰の害を恐れるあまり、
塩分の摂取を必要以上に抑える習慣がついてしまっているのである。
だが、一定の塩分をとることは、血液性状を正し、細胞の質をしっかりさせ、
体力を強化するために不可欠であることを知らねばならない。

質の良い塩をとる

食塩に含まれるナトリウムと塩素以外の物質を総称して爽雑物、俗にニガリと呼んでいる。
純粋な塩化ナトリウムは純鹹味だが、ニガリの含まれるおかげで、
食品として塩特有の風味が生じ、われわれの生理作用にも有効な働きをする。
 「が、ニガリの含有量の多過ぎる食塩は有害であり、いろいろを障害を引きおこす。
  その最も特徴的をものは、腎臓病。」
そして、組織全体が荒らされる。その結果、早熟・早老の運命をたどることになろう。
粗悪な食塩は、物質を過度に硬化緊縮させる性質をもち、
食物中の蛋白質と固く結合して消化、吸収を妨げるとともに、
胃や腸の内壁に作用して粘膜組織を損傷し、腎臓機能を滅弱させ、頭の働きを悪くする。
ニガリの含有量を適正にし、生理作用に対する有害性を最小限に抑えた食塩を
使用しをければならないゆえんである。
結局、良質の食塩とは、二ガリの害がなく、
各種ミネラルをほどよく含んだ塩化ナトリウムといれる。


「以上のように、ニガリの含有量の多過ぎる食塩が有害なら、極端に精製したものも有害である。」
白米や白砂糖をみてもわかるように、
白くすることで天然の食品に含まれる有効成分はほとんど失われてしまう。
食塩の場合も同様で、ほとんど塩化ナトリウムだけになったものは、もはや食品とは呼べない。
このような精製塩は、細胞を必要以上に興奮させ、生理作用を根底からゆさぶる。
現在一般に売られている食塩は、塩化ナトリウム99.9パーセントと極度に精製され、
ほとんど化学物質と化している。
そのような塩がつくられるのは、
それが近代化学工業の基礎物質として必要欠くべからざるものになっているためだけれど、
それを食品としても使わされるのではたまらない。
最近、食塩による健康阻害が大きな問題となってきたのも当然のことだ。
こんな時代であるからこそ、食品としての塩、
すなわち自然塩を確保することを真剣に考えなければならない。
食塩の質の良否は、体質の良否と深くかかわっており、
したがって、健康、寿命を支配するものだからである。
 

人間は最もイオン化列の強い4つの金属に支配されている K・Ca・Na・Mg


人間の神経はシナプスと呼ばれる「フシ」からできている。
そのシナプスの信号伝達の力は、カリウム(K)、ナトリウム(Na)であり
それをコントロールするのが、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)である

カリウム(K)← 電位差でコントロール → ナトリウム(Na)
カルシウム(Ca)は、ホルモンを刺激したり電気エネルギーのコンデンサー的役割、
カルシトニンの分泌を促したり血液のアルカリ化を助け、
カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)は、毒素と結合して排出の作用がある。