本文へスキップ

天日海塩750 総販売元 「ご塩社」 塩屋歴20数年

メールでのお問い合わせ電話.0123(57)7139

〒068-0413 北海道夕張市鹿の谷三丁目3

減塩は危険見直しましょう お塩の知識

「なぜ、減塩=塩分控えめが健康のために良い」となったのか?

国(厚生労働省)では、国民栄養調査連合国軍司令部(GHQ)の指令に基づく調査を実施したことに端を発している。)で、食塩の摂取状況の項目が、昭和54(1979)年に突然登場します。
これと同じ時期以前の1978年に、「日本高血圧学会」が、設立されています


「減塩で死ぬ」by武田邦彦先生

ぜひ、武田先生の解説をお聞きください
「塩分控えめ=減塩」が、無意味であり
健康を損ねる原因となっているかを解説
人間は、「赤い血液」で生きております
「血液」を正常にすることが、最も重要
「血液の塩分濃度」は、0.85%で
「塩分」をちゃんと摂取することが大切塩は、ミネラルの担体ですから、塩分が不足すると
必須ミネラルが必要な場所に運ばれないことになります
お塩が不可欠で大切な証でもあります
逆に言うと、ちゃんと塩を摂取しておけば、「何とかなる」のですが
その塩を減らすとどうなるか、理解できましたか?


診察時間

 
午前00:00〜00:00
午後00:00〜00:00

※日曜日と祝日は休診です。


ご塩社 北海道 〒068-0413
北海道夕張市鹿の谷三丁目3番地
TEL /FAX:0123(57)7139