本文へスキップ

   お塩ちゃん夕張店は 天日海塩750g総販売元です

電話でのお問い合わせは0123(57)7139

メールでのお問い合わせはこちら


♪お塩で 健康で幸せになる為の具体策・道しるべ  病気に効く「天然塩」健康法
@健康・美容編 A民間療法編 B生活編 アク抜き処理
 塩で入浴 自立神経失調対策  デトックス  お塩から生まれた農法 
基礎化粧品への疑問  皮膚 皮脂   子育て・躾 塩と料理 
あ・の・ね  盛り塩  おいしくなる  Cスピリチュアル編 

 顔の各器官センサーを 敏感にすると いいことがある  (七人の神様)

 顔の各器官センサーを 敏感にすると いいことがある 基礎化粧品への疑問

顔には、七つの穴が、あります 「顔が命です」

口は、食べ物や空気を入れる 唯一の「入れる」器官です
鼻は、匂いを嗅ぎわけ、異物を入れないために口の上にあります
目は、光を察知する器官で、レンズになっています
耳は、音を聞き分ける器官で、振動に敏感です
いずれも、顔に有り、脳に近いところにあるので、とても、敏感な器官です
口は、入れる他に、言葉をしゃべる 呼吸する(鼻)という大切な機能を持っています
口には、舌など「いい塩梅のベロメーター」機能があり、食べ物をコントロールしています
 「顔はいのち」こちらをご覧下さい                     ちょっと一休み⇒

「七五三の意味」子供がすくすく育つことを願った 反面

 顔には、つの穴 耳が二つ 目が二つ 鼻が二つ 口が一つ
 内蔵は、臓六腑 「五臓」とは、肝・心・脾・肺・腎
 下半身 つの役割 肛門 生殖器 尿道

「七歳までは神のうち」七五三はとおりゃんせのわらべ歌にあるような
間引きの風習の意味もあったのです。三歳言葉、五歳七歳知恵、
五体満足でないかどうか―そういう子供は育てられないから
神様にお返しするといって、村で神隠しとして処理されたそうです。

 やっぱり 健康が第一 体と心は「表裏一体」 どうすれば、いいのでようか?

日本人の自殺者は年間三万人を超えています。実際の数字は、6倍の18万人と言われています。
自殺の三大理由は、トップが健康二番目がお金三番目が人間関係です。
約半数が健康の問題を抱えていたそうです。三割がお金の問題で、多くは借金苦で死ぬと言います。
一割が人間関係の問題です。この三つで原因の九割を占めているという現実があります
舅・姑との関係が悪いとか、上司からいつもいじめられているという理由で死んでしまう。
どこが、狂ってしまったのでしょうか?精神論では、解決できません。

七人の神様 トイレの神様は、綺麗な女神様だけではなかった

ごえんの法則  「ご塩」は、かなめ です

新築の家には七人の神様が舞い降ります。
一番目の神様は、一番華やかな応接間に居を定める。
二番目の神様は、二番目に華やかな玄関に。
三番目の神様は、居間に陣取る。
四番目の神様は、寝室に。
残りの三人の神様は、
汚れる可能性が高い場所を安住の地に定めます。
五番目の神様は台所、
六番目の神様はお風呂と洗面所、
最後の神様は、最終的に空いているトイレの担当になるのです。
なぜ七人の神様が到着する順番が違うのか。
持っている宝物の量が違う。

一番目の神様は、何も持たずに手ぶらです。
二番目の神様は、小さな紙袋を持ってきます。
三番目の神様は、セカンドバッグを持ってきます。
四番目の神様は、小さなナップサックを背負ってきます。
五番目の神様は、リュックサックを背負ってきます。
六番目の神様は、やや大きめのリュックサックを背負ってきます。
七番目の神様は、バックパッカーのように大きいリュックサックを背負ってきます。

七番目の神様が背負っている宝物は、とても重いので速くは走れません。
したがって、必ず最後に空いているトイレの担当になるのです。
六番目の神様も、七番目ほどではありませんが、大きな宝物を背負ってたどり着く。
五番目の神様も、六、七番目ほどではありませんが、
それなりに重たい金銀財宝を持ってくるそうです。
 つまり、家の水回りをきれいにしておけば、どうもお金に困らないらしいのです。

お塩を追求してきて、ある結論に行き着きました

「卵が先か鶏が先か?」
よりよい社会を作るためには、どうしたらいいのでしょうか?
生まれてきた子供たちは、劣悪な環境に置かれています。
その環境を作ってきたのは、大人たちです。
その大人たちを再教育することは、とても先入観だらけで難しいのです。
放射性物質の脅威にさらされながら、子孫を残さなければなりません。
では、どうしたらいいのでしょうか?
この現状に問題意識を持ち、ひとりでも多くの人たちに伝えていくしか方法はなさそうです。
特に、子供を産み・育てていく世代の女性たちの負担は、大変なものです。
その世代を支えて行くことが、将来につながります。
その世代に教えていくのは、誰でしょうか?
子供を守るのは女性です。世の中を換えるのも女性です。
母親・祖母・曾祖母が、最もよい相談相手になります。
専門家ではない男性が、とやかくいうことは、マイナスのような気がして
今まで、この話題に 触れませんでした。
正直なお話、確信がもてなかったと言ったほうが正しいのです。
少子化問題の本質は、
産む前に考えて、産む体調を整え、産み育てる環境を大切にしなさいという信号です
我々が生活している地球と人間の体は、酷似しています。
地球が汚れているように地球を汚している我々人間の体も汚れているのです。
海が汚染され、河川が汚されているように
人間の血液は汚れまくり、ドロドロ状態で、体液も潤滑油として機能低下しています。
そして、地球を守ると同時に、大至急、子宮を守る必要が生じています。
放射性物質で海が汚され、母体の羊水も同じことが起きるでしょう。
多くの人が「病気・痛み」で苦しんでいます。
お医者様も「なんとか楽にしてやりたい」と懸命です。
しかし、薬では、病気は、治せそうもありません。
お医者様も薬剤師も「治せない」事実をご存知だと思います。
では、誰が治せるのでしょうか?
答えは、簡単です。「その人自身」しか治せないのです。
そして、「病気・痛み」の原因は、意外なところにあるのです。
日本人の自殺者は年間三万人を超えています。実際の数字は、6倍の18万人と言われています。
 自殺の三大理由は、
トップが健康、二番目がお金、三番目が人間関係です。
約半数が健康の問題を抱えていたそうです。
三割がお金の問題で、多くは借金苦で死ぬと言います。
一割が人間関係の問題です。
舅・姑との関係が悪いとか、上司からいつもいじめられているという理由で死んでしまう。
この三つで原因の九割を占めているという現実があります。

塩には全てのバランスを整える効果があります。
厄をはらい清める効果と、新しい力を生み出す作用があります。
相撲には塩はつきもので、土俵を清め、力士が気力を発揮する役目も果たします。
悪い方位に引っ越したり、家にゴタゴタしたもめ事が耐えなかったりする場合、盛り塩をすると厄がはらえます。
また、欠けや水場など家のパワーがダウンしている場所に盛り塩をすると新しいパワーが生まれます。


断捨離というと新しい片づけ術かと思うかもしれませんが、そうではありません。
断捨離とは、モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトです。
モノへの執着を捨てて、身の周りをキレイにするだけでなく、
心もストレスから解放されてスッキリする。これが断捨離の目的です。

必要もないもの、使わないものを手放すことで、
本当に必要なもの、本当に価値のあるものがさらに浮かび上がってきます