本文へスキップ

北海道芦別市 赤毛のアン カナディアンワールド公園です

所在地 アクセス電話.0124(28)2231

〒075-0252 北海道芦別市黄金町731

北海道芦別市 赤毛のアン カナディアンワールド公園 アンの家 村岡花子 モンゴメリー

ようこそいらっしゃいませ 赤毛のアンの世界へ     北海道 芦別市

世界中の多くの人が知っている女の子、アン・シャ−リー

そばかすだらけで赤い髪の想像力豊かな女の子。
アンが、マシューとマリラのカスバート兄妹の家に引き取られ、
その青春時代を過ごした所がカナダのプリンス・エドワード島
とても小さな緑豊かな美しい島です。アニメ『赤毛のアン』

カナディアンワールド公園と赤毛のアン

「赤毛のアン」は、カナダの女流作家ルーシィ・モンゴメリ(1874〜1942)によって、1908年に発表されました。アヴォンリー村の自然を愛し、人一倍の好奇心と想像力を持ったアン。少女から乙女へと成長する過程をイキイキと描いています。「赤毛のアン」は、愛と夢にあふれた感動の名作として、いまなお世界中の人々を魅了し続けているのです。
カナディアンワールド公園は
グリーンゲイブルズ(アンの家)、
教会やリンド婦人の家等小説に出てくる建物を忠実に再現しています。


アニメ 赤毛のアン

赤毛のアン 第1話「マシュウ・カスバート驚く」
『赤毛のアン』(あかげのアン)は、フジテレビ系の「世界名作劇場」枠で放送されたテレビアニメ。放映期間は1979年1月7日から同年12月30日で全50話。2010年7月17日から、テレビシリーズの第1話〜第6話を再編集した映画『赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道』が公開。

プリンス・エドワード島へようこそ

小説「赤毛のアン」が初めて出版された1908年、人々は物語に登場するその美しい舞台について憧れを募らせることしかできませんでした。世界中で小説の人気が高まっていく中でも、プリンス・エドワード島がどこにあるのかを知らない読者が大半でした。実在する島だということさえ疑問に思われていたことでしょう。今日、何百万人ものファンの人々がプリンス・エドワード島を訪れ、ルーシー・モード・モンゴメリの物語の中で少女アンが恋したこの島に魅了されています。その赤毛の少女や作者のことをもっと知りたい人たちのためにも、島のいたるところにアンの魅力に出会える場所があります。

世界中の多くの人が知っている女の子、アン・シャ−リー。 そばかすだらけで赤い髪の想像力豊かな女の子。 アンが、マシューとマリラのカスバート兄妹の家に引き取られ、 その青春時代を過ごした所がカナダのプリンス・エドワード島。 とても小さな緑豊かな美しい島です。
物語「赤毛のアン」は、カナダの女流作家ルーシィ・モンゴメリ(1874〜1942)によって、1908年に発表されました。アヴォンリー村の自然を愛し、人一倍の好奇心と想像力を持ったアン。少女から乙女へと成長する過程をイキイキと描いています。「赤毛のアン」は、愛と夢にあふれた感動の名作として、いまなお世界中の人々を魅了し続けているのです。
そしてその物語の世界を再現したのが、カナディアンワールド公園です。
アンが暮らした家、使用していた道具、通った学校、教会、お化けの森、恋人の小道等、「あら、こんにちは。今日はとってもいいお天気ね。こんな素敵な日にはきっといいことがある。素敵なお客様がいらっしゃると思っていたわ。」とアンが今にも現れそうですよ。

お知らせ 2014年4月26日(土) に 開園します  開園時間 10時〜17時お知らせ

カナディアンワールド公園

〒075-0252
北海道芦別市黄金町731
電話 0124(28)2231

このホームページ運営は
「post office」白ひげ郵便局長が
担当しております