本文へスキップ

ご塩社は、天日海塩750gの販売元です。皆さんを元氣に導きます

天日海塩750gについて

 天日海塩750g (生のお塩) 






人の身体になじみやすい 生のお塩

海が奇麗な南オーストラリアの海岸の塩田で、約2年以上かけて、太陽と風の力と自然の力を借りて、結晶する塩を原料とします。オーストラリアの製塩工場において、表面のゴミやミネラルなどを飽和塩水で洗い、常温乾燥させます。
その原料塩を、沖縄に運び、
沖縄の塩職人さんが、
手作業でゴミや色のついた塩などを取り除き、理想の粒子まで、粉砕・篩作業・乾燥を繰り返します。原料、製造工程で、一切熱を加えません。
ですから『生のお塩』です。
大海の神秘の力が持つ本来のエネルギーが、人間にやさしく届くようにと願いを込めて造った、水に溶けやすく、体になじみやすいお塩です。


お塩の原料が国内産ではない理由

あいにく、日本国内では、多湿の為、海岸で自然にお塩は結晶しません。従って、長い間、製造工程で、海水を、加熱したり、煮詰めたりして、塩造りを行い、お塩を手に入れてきました。大変、苦労して生産してきました。「ごみ」とにがり(苦汁)との葛藤で、お塩の生産。生きていくために不可欠な「お塩」を入手するために、試行錯誤の連続でした。きれいな海岸で天日と風で結晶するお塩が、原料として最適です。


天日海塩の詳細NEWS

製造
工場
沖縄県 ピュア・ソルト
原材料 オーストラリアのきれいな海岸で
天日と風で自然に干しあがった
お塩の結晶 
製造
方法
海の成分・海の機能などを
残しつつ、パワーを損ねないように配慮して生産
製造
工程
非加熱特殊製法だから
「生の塩」
特徴 とても、お水に溶けやすい点が
最大の特徴です
体になじみやすい、とても、
おいしい生の塩
ひとつまみで 
なんでも美味しくなるお塩です

本来必要とされるお塩とは

本来、必要とされるお「塩」は、
広大な海の情報が、いっぱい、つまった「海の化身」です。だから、「塩」の造り方が、大変重要です。造る側の意図が間違っていると、大変な影響を及ぼすのです。
「塩」とは、どういうものが「塩」なのか? 
「海の海水」が、干上がって風や天日で乾燥し、水分がなくなって残ったものが塩です。すると、この工程には、塩田で濃縮した海水を、仕上げに平釜で「煮つめる」という工程がありません。又、今、日本でつくられている「自然塩」と称する塩も同じで、仕上げに平釜で煮つめてつくっています。
海水を一度沸騰させたらどうなるか?
「生きている海水」が、「死んだ海水」になってしまうのです。味も一変しています。
「死んだ海水」から出来た塩は、「死んだ塩」になっているのです。大海のパワーも、同然、なくなってしますのです。

お塩の問題点