本文へスキップ

   お塩ちゃん夕張店は 天日海塩750g総販売元です

電話でのお問い合わせは0123(57)7139

メールでのお問い合わせはこちら


まず、出しましょう 「出す」が最優先です

   「出入口」
漢字にあるように
  「出す」が、先です
疲れがたまったり
     頭がどんより
あなたに 詰まっている物を 出しましょう
あなたに 溜まっている氣を 出しましょう
 体と心と環境の大掃除です 
 思いも一緒に ゴミ箱に捨てましょう
 最後に、ありがとう って 蓋を占めてね
♪「出入り口」漢字が表すように、「出」が先です 
意外とないがしろにされてきた「出すこと」
「便秘」はどんどん毒素がたまっている症状 
塩をたっぷり食べることは公害自衛法有害物質はどうしてたまるの
”毒素”を排出する免疫機能・代謝機能を高めるには

「出入り口」漢字が表すように、「出」が先です "Give&Take"も Giveが先

「何をたべるか」より
「全部出し切る」ことが健康長寿の秘訣!
これまでの医学や栄養学、健康法は
「入れる]「補う」ことばかりに
目を奪われてきた感がある
しかし、食生活が豊かになり
医療も十分に発達しているにもかかわらず
ガン、心筋梗塞をはじめ種々の難病・奇病が
まん延しているのはなぜだろうか
このような病気は
脂肪や糖分、尿酸などの余剰物、老廃物が
排せつできずに体内に溜まる「過剰病」である
この現代人の「過剰」による病気も、まず「出す」ことで解決できる。
「風邪を引く」という。
つまり、「冷え」を体に引き込んで体調を崩し、
よくなるときは、
「熱を」出す、セキを出す、タンを出す、発疹を出す、下痢を出すなど、
「出す」ことによって風邪は治つていく。
次の字句からも「出す」ことの重要性がよくわかる。
生命を保つ上で一番犬切な「呼吸」は、
「呼いて、吸う」と、出すのが先であることが字の順序で示されている。
「ギブ・アンド・テイク」もそうだ。
まず、人にあげてから、もらうことが社会生活上も肝要である。
「出入口」といういい方を見ても、出るほうが先であると書いてある。
川も河口をせき止めれぱたちまち流れが澱み、汚染されてドブ川になる。
頑丈に組んである石垣にもちやんと排水口があるし、部屋にも排気口がある。
つまり、この世の中、すべてはまず出さないと話にならないのだ。
出すことができない限り、入れる話はしてはいけないのである。
     
医学博士石原結實『出すと病気は必ず治る』より

意外とないがしろにされてきた「出すこと」

「出すこと」、
特に体内の毒素を出す為には、まずは、「入れないこと」、
例えば、「断食」などが、よく知られていることです。
簡単に言うと、「体」・「心」・「身の回り=環境を、
「大掃除」をすることが肝心なことです。
実際に、手間はかかりますが、お金はほとんど必要としません。
「体」の「大掃除」とは、
体内にたまった毒素・悪いもの・いらないものを体外に出すことです。
「出す」方法として、
代表的なものが、お風呂に入って「汗を出す」運動をして「汗を出す」ことです。
身近に、源泉掛け流しの「温泉」があれば、最高で、まさしく、自然の恵みです。

「便秘」はどんどん毒素がたまっている症状

下痢は、体内にたまった毒素を出している症状です。
苦しくてもどんどん出すことが肝心で、
薬等で止めては、かえって治るのが遅れます。
症状を和らげる為には、経験則で効果が実証されてきた民間療法を実践すべきです。逆に、「便秘」はどんどん毒素がたまっている症状で、
注意を払わなければなりません。
便秘は、危険という注意信号です。
その他、冷え性なども、同じく危険信号です。

ひとりさんの『万病一元論』

塩をたっぷり食べることは公害自衛法
これだけ公害物質が多い時代では、公害物質を全く食べないでは済ませません。
体に入った毒を少しでも早く出すのが公害自衛法です。
塩は新陳代謝を活発にして老廃物を体内に滞らさないように
汗と小便(塩水)などで出そう、バランスをとろうとするようになっています。
元気であるためには塩分が体の中を常に循環通過して出て行くのが正しい生理、
健康法です。有害重金属類は尿には出ません、汗から出ます。
塩が切れたら体温が上がりにくく、
汗も出にくくなりますから有害金属類が出てきません。

有害物質はどうしてたまるの 有害物質のたまりやすいところ


有害金属(鉛・水銀・カドミウムなど重金属類やヒ素など)は、
魚をはじめ身近な食品に多く含まれています。
そのため摂取量をゼロにするのは不可能なので、
有害金属を蓄積せずに効率よく排出することが重要です。
魚は、脂肪の多い大型魚は控えめにし、
近海の小型魚を食べるように心がけると良いでしょう。
大型魚は、焼くか蒸すなどの調理法で脂肪分を落とすことで、
ある程度の有害金属は取り除けます。

◎有害物質のたまりやすいところ
有害物質等を「入れないこと」が理想ですが、
これら重金属類は体脂肪に蓄積されやすく、
脂肪がエネルギーとして消費されるのを阻害する為、
これらの有害物質を体内から解毒し出すことに努力が必要です。
脂肪に溜まりやすい⇒女性の乳がんの理由も脂肪に溜まりやすいことを考えると
理解しやすいと思います。
脂肪に毒素が溜まりやすい⇒逆に、太っていくことは、
毒素が溜まっているという証拠。
毒素を体中に回さない為に脂肪に貯めて有害性をとどめる→太るのです。
ですから、脂肪分を吸引したりして取り除くと
有害物質が体中に回ることになります。

◎「ナトリウムポンプ機能」を正常に働かせる

健康ブームを逆手に取り、
聞こえのいいキャッチフレーズでいろんなものを開発し販売する製薬会社、
サプリメントを販売する会社・・・いずれにしても、入れることを提案しています。健康になる為に、最優先しなければならないことは、
とにかく「出すこと」で、「体内の毒素を出す事」が、もっとも大切なのです。
そして、体内の毒素を出す為には、
ナトリウムポンプ機能」を正常に働かせなければなりません。
「出入り口」の意味を知らない企業たちは、
はじめから、ボタンのかけちがいをしていることになります。
まして、利益優先の企業は、「入れること」だけ提案をし続けてきたわけです!


”毒素”を排出する免疫機能・代謝機能を高めるには


有害金属は、魚をはじめ身近な食品に多く含まれています。
そのため摂取量をゼロにするのは不可能なので、
有害金属を蓄積せずに効率よく排出することが重要です。
まずは効率よく排出する食事を心がけましょう。
ゴボウ・コンニャクに含まれる食物繊維は、
余分なミネラルが体内に取り込まれるのを防ぐ働きがあります。
タマネギ・リンゴ・コリアンダー・ニラ・ニンニクなどは、
有害金属を捕らえて体外に排出します。
肝臓の解毒力を高める亜鉛やセレンを含む緑黄色野菜などと組み合わせて、
取り込まれた毒素を排出するのが効果的です。
魚は、脂肪の多い大型魚は控えめにし、
近海の小型魚を食べるように心がけると良いでしょう。
大型魚は、焼くか蒸すなどの調理法で脂肪分を落とすことで、
ある程度の有害金属は取り除けます。
しかし、現在の私達の生活環境や生活習慣、
また、様々なストレスによって
”毒素”を排出する免疫機能・代謝機能が低下している為に、
体内に多くの”毒素”を溜め込んでしまっているとも言われています。

デトックスについて

デトックスとは、身体の中の毒素を抜く、体内浄化を意味します。
これまで私たちの健康法は、体に良いものを取り入れようと、
栄養の摂取にばかり目を向けてきました。
つまり「足し算の健康法」だったわけです。
しかし、栄養素は、体内に取り入れるだけでは効果は発揮されません。
なぜならば、体内にたまっている毒素が栄養の吸収を阻害し、
きちんと細胞まで届いていないことが最近の研究で判明したからです。
効率よく栄養を吸収させるためには、
まず体内にたまっている老廃物(毒素)を出すこと(=デトックス)が先決です。
つまり「引き算の健康法」が大切なのです。
水を飲んで、体内の余分な老廃物を尿や汗で排泄して、
体の代謝機能を高めることはとても大切なことなのです。
デトックス
とは「解毒」という意味の英単語で、
食品から体内に蓄積されていく有害物質
(鉛・水銀・カドミウムなど重金属類やヒ素など)を、
体外に排出することで健康になるという考え方です。
これら重金属類は体脂肪に蓄積されやすく、
脂肪がエネルギーとして消費されるのを阻害する為、
これらの有害物質を体内から解毒しダイエットで痩せやすい体質を作るといった
「デトックスダイエット」
というダイエット方法も注目を集めています。

●排毒の仕方    Tokyo DD Clinic 医院長 内海聡先生 より

極めて重要なことを書きましょう。毒の出し方について内海的な考え方を書いておくことにします。これはこの世でオカルト療法といわれる内容が入ってきます。しかし残念ながらそれをオカルト療法と呼ぶのは、医学界がもたらした洗脳にすぎません。

まず毒とは何かを定義する必要がありますが、現代においてはそのほとんどが化学物質であり社会毒であるととらえればよいでしょう。つまり医学の薬、農薬、食品添加物、着色料、建築用溶剤、空気中の汚染物質、その他多くのものが人体にとって有害であり毒なわけです。しかもそれらの大半は石油精製品であり、石油産業といえば「彼ら」を思い起こさねばならないわけです。

その毒を抜くためには基本的に人体の排出力と解毒能力を考慮に入れなければなりません。これらの毒はほとんどが脂溶性ですから脂肪内や神経内や脳内、さらにいうと細胞膜などに入り込んでいきます。これは水溶性の毒と違って容易には排出できません。

当院のクリニックでは栄養療法と低温サウナを使っています。本来サプリの栄養療法も完全な自然とは言えませんが、依存性物質や毒の暴露状態の場合、これらの毒の排出のため体の中は栄養素が足りない状態となっています。様々な栄養素はそれそのものが毒の分解や排出を助けますので、このサプリ自体がいわゆる皆さんのイメージする「薬」として作用します。だから毒が一定量抜け回復すればサプリもやめたほうが良いでしょう。

低温サウナは汗の排出、脂肪の燃焼、血流促進、免疫力の向上などをもたらします。特にサウナで特筆すべきは皆さんご存知「汗」であり、低温サウナの汗は毒だけでなく重金属なども排出していきます。つまりこれは放射能に関しても応用できるのですが、ほとんどの人はそのことを知りません。低温サウナの汗は、たとえばヘロイン中毒者の場合、汗からヘロインが出てくることも科学的に確認されています。

ただ、これは低温サウナでないといけないわけではありません。栄養療法もこれだけじゃないといけないわけでもありません。私はほかにも数種のほかの方法を持っていますがここでは明かしません。これはオーソドックスな方法であり、ほかに陶板浴、エステカプセル、砂風呂その他でも代用はできるわけで、それらの排毒パワーの問題です。

一言付け加えるなれば、この方法さえも2030年ごろには時代遅れの産物となるでしょう。でも、現代においてはとても重要な方法なのです。




 

スマートフォン版