本文へスキップ

   お塩ちゃん夕張店は 天日海塩750g総販売元です

電話でのお問い合わせは0123(57)7139

メールでのお問い合わせはこちら

塩洗い・冷水浴によって、皮膚機能を正常にしてやることによって得られる「心地よさ」が自然への感性を昂め
失われた野性の感覚、叡智直感力を自ずから取り戻して感覚が鋭敏になり
能(脳)力が活性化して自然への虞れと感謝の念で心安らいだ生活をするようになる

@お湯で温まり
A溶かした塩を全身に塗る
B塗った塩をお湯で流し
Cお湯で温まり
D水を浴びる
E体を拭く

人体生理 塩浴革命   花粉症対策

@人の体は神秘な化学工場です。
口から食べたもののみが消化器で消化吸収されて
骨、肉、皮膚、エネルギー・気など必要なもの
すべてを構成します。
体の各部へ回って役目を折ませたら老廃物となって、
体全域の決まった場所から出て行く一方通行です。
A皮膚は排泄器官です。吸収器官ではありません。
これが天動説と地動説の分かれ目です。
B体内から分泌する皮脂が、皮膚の呼吸機能
その他さまざまの機能を正常円滑にさせます。
あなたにとっての唯一最高の皮脂が、
 一生の間必要なとき必要なだけ、自動的にに分泌するように出来ています。
Cその分泌をスムースにするのは汗です。
D精神と肉体は一元、一つのものの二つの側伽です。
心も体も同時に一体となって『心地よさ』を求めて動こうとする本能があります。

 ♪浴剤としての自然塩(石鹸・シャンプーにまさる浴剤)
@塩は神様。
人は皮膚の内側に塩水を蓄えていて、少しずつ滲み出している動物ですから、
人は塩には拒絶反応を起こしません。
塩洗いは体質を問いません、あらゆる病気によいのです。
人類は海(塩水)で発生し、体内に海の成分(血液・体液)を持っています。
今も海水を約三倍に薄めた、羊水という海″に頭から浸かっていて
生まれ出たのですから、頭から塩を塗っても何の問題もありません、
塗る方が自然です。
海から生まれて来た人間に対しては塩以上に素晴らしい浴剤はありません。
毎日、塩を食べて塩水の涙を流し、塩水の汗をかき、
塩水の尿を出しているのですから、塩が合わない人はいません。
A石鹸、シャンプーなど化成浴剤の成分(不飽和脂肪酸)が
皮膚に残って皮脂腺をシールして皮膚呼吸を阻害しているのを溶かし流し、
老廃物や皮脂が出て来やすい環境・条件を作ります。
外部から付いた機械油のようなものを短時間で落とす洗浄効果はありませんが
日常生活で生じた汚れは落としててくれます。
B日常の汚れは塩洗いだけで十分に落ちます。
不必要になって皮膚から出すべき・出てくる老廃蛋白質や余分な皮下脂肪を
溶かし流しますが、有効な新しい皮脂は溶かさないで残します。
皮脂腺を塞がないから保革油である新しい皮脂が出やすく、
必要なだけ分泌して、皮膚を潤します。
手を水で洗っても、一振りしたら水はサツと切れて肌はしっとりです。
C発汗効果抜群。塗っているうちに汗と脂がどんどん出て来ます。
なでているうちにヌルヌルしだします。垢も毛穴の汚れも落とします。
垢の出来が極端に少なくなります。
外からは収納、内からは自然塩を食べ水を飲み汗をかいて
体の外・内両方から休内の毒を出しします。
Dフケ、抜け毛、枝毛、白髪を防ぐ養毛・育毛補助剤です。
E皮膚表面に常化して蛋白質をアンモニヤにする細菌、
カビや皮膚の老廃脂肪を食べ雑菌を排除して
皮膚を護ってくれる掃除屋常在菌が喜びます。
F自然塩は地球の出し汁・小宇宙の結晶、最も安定した永久物質。
最高の無公害・自然派浴剤。鮮度無関係、有効期限は無期限です。
地球誕生以来のエンドレス・リサイクルの元祖です。
G人も環境も清潔・健康にしてしまいます。人と環境に優しい元祖・優等生です。塩浴排水は水質汚染を防ぐ以上に自然を回復します。食器類も塩で洗いましょう。ゆすぎ水の量も化学洗剤の数分の一で済み、省水型です。
水不足に悩む自治体、水を大量に使うホテル、浴場などでは助かります。
H無色、無臭、目に入れても、鼻に入れても、口に入れても、無刺激、無痛、
安全、安心、副作用無し。安価、塩は安いから気兼ねなく使えます。
その上、石鹸、シャンプー代が要らないから差し引き大きくお得です。
年令不問、男女兼用、手軽。上手、下手、失敗なし。
I塩には「美肌成分」はありません。
塩浴は塩に含まれている栄養成分を染み込ませるのとは違います。
塩は補助役・黒子で主役は皮脂です。
ここに書いたような素晴らしい効果はすべて、
あなたの皮脂の分泌が皮膚機能を正常にしたからです。
薬効成分はあなた自身の皮脂の中にあるのです。
海水中には油・脂肪分解酵素が在ります。
海水を蒸発させた自然塩に分解酵素が含まれています。
海で動物が死んでも骨だけになり、
海にながれた油がいつの間にか無くなるのは油分解酵素が仕事しているからです。アラビア湾も北海油田の事故も、一時的に海の許容量を越しただけですから
時間が経てば回復しました。海にはカルシウム分解酵素は無いから骨は残ります。脂肪、蛋白、澱粉などの分解酵素があるから海はきれいになります。
海はマリア様、塩は宗教でも「祓え給え清め給え」清潔グッズです。

♪自然塩浴は想像を絶する素晴らしさ
(石鹸・シャンプーなど一切使わない前提でお読みください)
@塩の成分を皮膚からしみ込ませるのではありません。
人体と言う高性能マシーンの手入れです。
動物としての自然な感性と自然治癒力を石鹸・シャンプーなどで
曇らせているのを回復させ、普通に健康な人が日常生活そのものとして
自分の心身を自分で管理・維持・増進する条件を整える法です。
人体生理に対して完全無欠『究極の超健康法』といっても過言でありません。
自動的な健康・美容は塩浴抜きでは始まりもしないし、終りもしません。
A塩浴は、理屈抜きで一度やってみれば、すぐ、素晴らしさが理解できます。
コロンブスの卵です。この本に書いてある通り実行してみれば、
誰にでも必ず思いがけないほどの良い結果が出ます。
翌朝、体がしゃんとしてやる気が出ています。
人類は古来海水浴でいろいろな病気を癒し、
健康を得てきた生活の知恵と歴史があります。
清潔のための入浴は歴史が新しいのです。
「夏、たびたび海へ行った人は冬元気だ」と言います。
塩浴は一番手軽で長続きする在宅海水浴、タラソテラピー、ホームエステです。
効果てきめん、一回試してみただけでもその効果が分かります。
赤ちゃん、妊産婦から病人、寝たきり老人にまで誰にもできる健康法です。
B家庭で出来る塩垢離。体と心の垢と疲れを取ってくれます。
仏教に言う垢離・休浴(塩水・冷水浴)こそ健康への正道です。
心・身の健康の基である皮膚生理を完全なものにします。
あらゆる健康法、修行法、修養払の基礎、根本です。
塩浴しないと、苦労の割りに効果が上がりにくい、
塩浴すれば効果が早く得られます。
脳幹を活性化して野生の感覚、叡智直感力を肺いてくれます、
過労死も防ぐでしょう。
お釈迦様は沐浴することで怖りの境地への手掛かりを得られました。
仏教が日本へ伝わる途中で行動・瞑想が重視され沐浴が軽視された感があります。
C最高の公害自衛法。
発汗を促して、尿、便では出せない有害重金属や体毒を出してくれます。
Dお金がかかること、余計な時間がかかることは続けたくても続きません。
生まれた日から、バスタイムは生活の時間割に組み込まれています。
自分がしたい健康法と、長続きして実行可能な健康法は違います。
ジョギング、水泳、ヨガ、座禅、気功、健康器具、
その他、健康法の殆どはそのために毎日、特別に時間が必要です、
本当に多忙な人には苦痛で三日坊主になります。
E塩とは「水に溶けてイオン化する土」ですから、
塩洗いはイオントリートメントでもあります。

「病は冷えから起き、温めれば治る」と云われています。
温泉療法は基本的には、温まって汗をかいて、皮膚から「毒素を出す」療法です。
日本には二四三一ケ所の温泉があり、
塩原、塩沢、大塩、鹿塩など名前に塩がついているように、食塩泉が一番多くあります弱アルカリ性の単純泉が多く、塩は陽性の極です。
イオンのアンバランスを復元する効果もあり、病気・不浄・稜れなどの陰を
祓い身を守ります。
食塩泉は体を温めるから昔から冷え性、婦人病など陰性の病気の治療や美肌効果、
神経痛・筋肉痛・関節痛など万病に効くと言われ万人の認めるところです。
石鹸の泡の立たない、立ちにくい温泉は肌にも地球にも良い温泉、
「子宝温泉」「美人の湯」です。
せっかくこんな温泉へ行っても、無理に石鹸を使ったら無意味です。
塩洗いで温泉の成分は強化されこそすれ、割り引きされることはありません。
今大繁盛の『塩サウナ』は環境適合、無公害、心地よさ、悩み解消ビジネスです。

◎地方自治体が、寝たきり老人へ巡回入浴車をサービスしていますが、
石鹸で洗ってあげることは一見親切そうで実は体力の弱っている人の死期を
早めていることになりかねません。塩洗いにすれば
@床擦れも軽くなり A肌が若返り B気持ちが穏やかになり C無公害
と良いことづくめです。老人福祉の切り札にもなり得る可能性があります、ご検討さい

実行者の歓びの声 (実行者は、全員確かな手応えを感じております)

○こんな簡単なことで良くなるのかいなぁ?、
 と疑っていましたが素晴らしさに驚いています。心身ともに最高に心地よい。
○女性なら、肌がきれいになるなら何でもします、試します。
 手軽、簡単、安全、安上がり、特別の根気も努力も我慢も時間もお金も要らない。
 余計なことを考えなくてよいから、無理なく長続き出来るすべての条件を
 満たしています。多忙な女性には特に打ってつけです。
○肩が凝っても、塩を塗って軽く接むだけで治る。
○おかげさまで石鹸・シャンプー・リンスを卒業できました。
○入浴はリフレッシュタイム、生活の中の楽しみそのものですから、
 特別の時間を裂く必要がありません、私のような怠け者にも楽しみで続いています。 高価な健康器具もそれを使う時間がなくて一週間も使わないうちに押し入れに
 入れっぱなし、野菜スープも毎日つくるのは大変な手数です、
 努力、苦労で、長続きしませんでした。
○ダイエット、減量、余分な脂肪が取れて、
 腹もへこめば腕も脚もスマートになりました。
 顔のたるみ、目の下のたるみ解消、二重顎、三段腹が消えた!。
○ウエストがくびれた。痩せるというより締まる。
 「ウエストサイズ物語」はハッピーエンド。
 痩せても皮膚に弾力ができているから敏はできない、肌はピンと張っています。
○肌の色艶が美しくなった。顔が輝いて見える、逆光線の時にはっきり分かる。
 皮膚が薄く、白く、明るく、生き生き、弾力、潤い、しなやか、しっとり、
 ツルンツルンになった。
 二〇〜三〇%ぐらい若返って見える。老人ほど肌の若返りがよく分かる。
○お肌のことで憂鬱でしたが塩洗いですべすべ、自信がついて毎日が楽しい
〇塩浴で、自分の肌がこんなにきれいになるとは思いもよりませんでした、
 これが本来の年齢に応じた肌だと分かりました。
 自業自得とは云え、いかに、石鹸・シャンプーなどで自分の肌を傷め
 老化させて来ていたことかと思うだけで慄然とします。
 おまけに環境破壊までやっていたとは。
○塩浴を実行しているので美肌・健康に良いことは知っていましたが、
 塩を下水に流すのは水質汚染・環境破壊になるのではないかと不安でした。
 「塩浴革命」を読んで、塩を流す方がかえって環境を守ることになることを
 知って安心しました。「地球環境の浄化」など大げさなこという前に先ず、
 家庭で出来る環境保全」をやりましょう。
 「てんぷら油は食べてしまおう」と云うのも同感です。
○石鹸・シャンプーが水を汚染することは知っていましたが、
 他に、より良い代わりが無いと思って使っていました。
 塩浴は、より良い代りと言うよりはこちらが唯一の主役であることが理解出来ました 人類が羊水から生まれている限り、塩浴以上によい浴法は見つからないでしょう。
○石鹸・シャンプーを使っていたときは排水口がヌルヌルしてパイプが
 詰まりそうになり悪臭が出て来ておりましたが、
 塩浴を始めたらすべてクリーンになり清潔になりました。
○塩洗いしだしてから生足で外が歩けるようになりました。
○素肌に張りがあれば心にも張りが出て生き生き、
 どんな服装でもよく似合うと思え出しました。
○手の甲をつまみ上げて放す方法で皮膚の柔らかさを見ると、塩浴を始めてから戻りが 早くなり、実際に若返っていることが目で確認出来て大変励みになっています。
○からだだけの塩洗いをしていた間は体重が減りませんでしたが、
 髪洗いも始めたら一カ月で三kg減りました。
○塩浴は実行していてその良さに満足していましたが、
 髪だけはこわくて洗っていませんでしたところ「頭を洗わなきゃ効果半減だ」と
 言われて思い切って始めたらその日から一段と良くなりました。
 固い髪がしなやかになりました。
〇七〇才代女性‥本当に驚きました。
 顔は濡らした塩を塗って水で洗い流すだけで化粧品なしですべすべです。
 髪も恐る恐るやってみましたら本当にリンスいらずで満足しています。
○もう年だからと開き直っていましたが、開き直りついでに塩洗いを試してみたら、
 一回でその美肌効果が分かりました。続けていたら顔が細くなりました。
 開き直っていた時間が悔やまれています。
○老臭が消えました。
○香水など人工の匂いがいやになり出しました。
○鼻すすぎで、花粉症の季節が来ても平気。
 香水など人工的な匂いに不快感があり敏感になりました。風邪も引かない。
 手放せなかったティッシュペーパーを忘れて出掛けることがあります。
○どんなにしても良くならなかった二キビが簡単に良くなった。跡が残らない。
○髪がしっとりしてとても扱いやすくなりました。
 一三才の子供も塩洗顔したら二キビがさっと消えたと驚いています。
 石鹸・シャンプーが卒業出来ました。
○肌着の着心地がとても良くなりました。
○泡がないと洗った気がしなかったのが、今は、泡があると気持ちが悪い。
○はじめは顔や頭は不安だったので、一番遠い足の裏から始めたら、
 その夜から冷え性が消えたので驚いて、次からは全身に塗り始めました。
 石鹸は一切使わなくなってしまいました。口紅を塗る以外は何も塗らなくなり、
 爽やかさ、心地よさを実感しています。
 毎日二〜三時間しか寝ていませんが薄着になり、風邪も引きません。
 仕事で年末〜年始に塩持参でロンドンヘ行って来ました。
○はじめは頭から匂いが出ましたが、ある日から出なくなりました。
 白髪が消えかけ脳が軽く、極めて快調です。
○左脳溢血で右半身不随になった男性‥
 二〜三週間経って少し起こせるようになったので、
 塩湯をタオルにつけてマッサージしたあと
 お湯、水、乾いたタオルで塩気をふき取ることを続けていたら、
 三ケ月で、一人でトイレに行けるようになりました。
○サウナへ入ってもなかなか汗が出なかったのが、
 塩洗いをはじめてから汗がどんどん出るようになった。
○夏でも汗をかきにくかったが、塩浴を始めてから汗がよく出るようになり体調が良い
○洗顔のとき、塩洗いのほうが、ふき取り化粧水より良く落ちて気持ちが良い。
〇五〇才代の女性‥
 子宮摘出していますが、摘出前のような現象が見られるようになりました。
〇六〇才代の女性‥体が若返っていく感じがする。手の痛みが薄らいだ。
〇六一才女性‥首に八ミリほどの老人斑がありますが塩洗いニケ月で
 かなり薄らぎました、もう一息と楽しみです。
○塩浴で素晴らしい爽やかな日々に感謝しております、
 地球にやさしく公害が無いことを一人でも多くの人に知ってもらいたい気持ちです。
○お勤めにも、パーティーに行く時でも自然塩洗顔だけで普通の化粧はしません。
 時間はかからず、眉ずみと口紅だけあればよいので安上がり、大助かりです。
○朝、自然塩洗顔すればお昼になっても顔に脂が浮き出さず、
 化粧崩れしない、夏でもメークが長保ちします。
○素顔に慣れたら化粧など出来なくなります、化粧しても神化榔で済みます。
○唇も色がきれいになって来たので口紅を忘れることがあります。
 唇の縦皺が減りました。
○パーティに出るために化粧したら顔が苦しくて、
 家へ帰ったらすぐ塩洗いしてせいせいします。
○内心不安一杯で始めてみましたが「これがわたしの肌か」と
 驚くほどスベスベしたので、「信じられな〜い」と
 言っていた娘たちも次々と始めて娘たちのほうが熱心です。
 今では家族全員塩浴をやめることが出来ません。
○踵のささくれでストッキングをよく破るので出張にストッキングを何枚も持って
 行っていたのが、踵がツルツルになったので要らなくなりました。
○夏、冷房の効いた事務所で勤務しても肌が乾燥しない、しつとりしている。
○塩浴を始めてから夏のあせもと無縁、天花粉が要らなくなった。
○古傷がだんだん薄くなった、消えた。
○寒さ冷たさに強くなりました。体がいつも温かい。冷水浴が楽しい。
 石鹸を使っていたときは冷え性でした。霜焼けにもなりません。
〇二キビ、シミ、ソバカス、小皺が薄くなった、消えた。
 ウオノメ、タコが消えた。毎年冬に出るヒビ・アカギレが出なかった。
○フケ、白髪、抜け毛、枝毛、折れ毛激減。髪の伸びが速くなる、髪が増える。
 髪が軽くなる、ふわりとしてボリューム感が出る。
 涼しく、髪は丈夫、しなやか、自然の光沢、サラサラして櫛の通りが良い。
 安眠、頭スッキリ。
○お腹に塗っていたら便通が良くなりました。
○背骨の両側の筋に丹念に塗っていたら体が柔らかくなりました。
 肩凝り解消、筋肉疲労が取れました。
○足首捻挫で腫れたままになっていたので、毎日お風呂で塩を塗っていたら、
 みるみる消えて痛みもなくなりました。
○目の回りの痒みみがなくなり、目やに、鼻水、喉のイガイガもなし、快調。
○目が疲れない。一〇年間同じメガネ、老眼の度が進まない、
 メガネが要らなくなった。下まぶたのたるみがなくなった。
〇六五才男性‥真冬の夜の会合に出掛けるときでも、必ず風呂に入って冷水浴して、
 コートなしで出掛けますが風邪を引いたことがありません。
○歯槽膿漏、口臭が消えた。
○陰部の軽みは一発で、長年の大痔主も追放出来た。
○熟睡出来る。疲労一掃、寝起き爽快。
○夜中のトイレ通いをしなくなりました。
○顔面神経痛が軽くなって来た。
○塩浴法には「最少の経費で最大の効果」という経済学の理想が実現しています。
○既に、湯浅寛先生の「歎異医抄」を読んで、塩浴は素晴らしいと思って
 自己流でやっていましたが具体的なやり方が今一つ分からず一抹の不安がありました 「塩浴革命」は極めて丁寧親切に書いてくれているので、
 誰にも理解出来て塩浴の効果が上がると思います。
 これから塩浴を始めようという人にも、
 既に塩浴をやっていた人にも大変参考になります。
○子供がアトピー性皮膚炎で良い治療法に出会わず困っていたのが、
 塩でこんなに簡単に良くなるなんて、医学は塩の効果を無視しています。
 今までの医師の指示や治療は、苦しみの長さとお金の無駄遣いだけで、
 全く救いになりませんでした。現代医学への不信感が募るこのごろです。
○「塩浴革命」は極めて具体的に書いてあるので一読して実行、
 即、アトピー性皮膚炎の子供が助かり大変感謝しております。
 一冊一〇万円でも安いと思います。
○玄米食を続けている八三歳の男性
 @垢の出方が極端に少なくなって皮膚が輝き出した。羽二重の肌、気持ちがよい。
 A肝臓、腎臓のデータがよくなって来た。
 B前立腺肥大で頻尿に困っていたが、塩浴二週間で頻尿が消えた、
  尿が予想外に良く出るようになった、劇的に効いた。
 C便通が良くなった、臭くない。体内がきれいになっている証拠と思う。
○これぞ「究極の入浴法」です。「仏も近づきや光がうすい」、
 塩という素晴らしい物が、あまりにも身近にあり過ぎてうっかり見逃していました。
○塩浴をやって見て、塩の偉大さが本当に良く分かりました。
 『塩』こそ神・仏です。世界中の宗教が塩を大切にするはずです。
○睾丸洗いも続けてたら精力が一〇年前に戻った。(六〇歳)
○高校三年生のときにはじめた皿洗いのアルバイトで、
 アムウェイの洗剤使用でまず手が荒れて次いで全身がアトピー性皮膚炎になり
 六ケ月でアルバイトを辞めました。洗剤・シャンプー・石鹸と一切線を切り
 塩洗いで回復し以前より肌がきれいになりました。
○塩浴を始めてから朝四〜五時頃に元気よく目が醒めて次々とアイデアが閃き湧き出し てくるようになり、枕元にメモ紙を置いていてどんどん書いています。(経営者)
○塩浴に慣れて来たごろ、旅先で石鹸を使ったら不愉快な強い違和感があって
 落ち着きませんでした。もうこりごりです。
○久しぶりに山登りしたら、以前はど疲れなくて、一番元気だったので仲間が驚いた。
○トライアスロンが思ったほど疲れないのは、海に入って全身運動するからだと実感しています。

○ハンブルク・尾崎和美さんからの報告
 @ドイツには昔から香料入りの「浴用塩」があります。
 A「クワ療法」といって塩を塗ったり飲んだりする療法があります。
  『朝から晩までビールを飲んでいた五四歳のドイツ人女性』がついに
  吐血下血したので入院。
  その病院の医者は塩水ばかり飲ませて四週間で治してしまいした。
 B鼻が詰まって困ったら、塩水を鼻に通すことを指導され、
  その通りやったらすぐ良くなりました。
○香港・サンデー小川氏からの報告
 テニスクラブの女性に勧めたら、顔が垢抜けしてきて穏やかになり
 以前のようにどぎつくなくなった。本人も大変喜んで、感謝してくわている。
 流行りそうだ。
◎塩洗いの真の目的は
T.塩洗い・冷水浴によって、皮膚機能を正常にしてやることによって得られる  「心地よさ」が自然への感性を昂め、失われた野性の感覚
  叡智直感力を自ずから取り戻して感覚が鋭敏になり、
  能(脳)力が活性化して自然への虞れと感謝の念で
  心安らいだ生活をするようになることです。
U.生活環境を改善することです。
○ 心身ともに最高に心地がよい。手軽、安全、安上がり、特別の根気も努力も時間もお金も要らない、
 毎日使っても安いもの。余計なこと考えなくてよいから無理なく長続き出来るすべての条件を満たしています。
○ 塩浴をやってみて自分の肌がこんなにきれいになるとは思いもかけませんでした。
 これが本来の年齢に応じた肌だと分かりました。垢の出方が極端に少なくなって皮膚が輝き出しました。
 羽二重の肌、気持ちよい。自業自得とは言え、いかに石鹸・シャンプーなどで自分の肌を傷め
 老化させて来ていたかと思うだけで憤然とします。
○ 子供がアトピー性皮膚炎でよい治療法に出会わず困っていたが、
 塩でこんなに簡単にかゆみが取れ良くなるなんて驚きです。
○ どんなにしても良く成らなかったニキビが塩洗顔でさっと消えて跡が残らなかった。
○ ダイエット、減量。ウエストがくびれた、二重顎、三段腹が消え「ウエストサイズ物語」はハッピーエンド。
 痩せるというより締まる。余分な脂肪が取れて腹もへこめば腕も脚もスマートになった。
 痩せても皮膚に弾力ができているから皺はできない。
○ 古傷がだんだん薄くなって消えました。
○ 顔のたるみ、目の下のたるみ解消。シミ、ソバカス、小毅、老人斑が薄くなった、消えた。
 ウオノメ、タコが消えた。皮膚が薄く、白く、明るく輝くようになり、生き生き、弾力、
 潤い、しなやか、しっとり、ツルンツルンになりました。
○ 内心不安が一杯で恐る恐る始めてみましたが「これが私の肌か」と驚くほどスべスベしたので、
 「信じられな〜い!」と言っていた娘たちも次々と始めて娘たちの方が熱心です。
 今では家族全員塩浴です。
○ 素肌に張りがあれば心にも張りが出てきて生き生きとして、どんな服装でもよく似合うと
 思え出しました。素肌に慣れたら化粧などできなくなりました。化粧しても薄化粧で済みます。
 お勤めにも、パーティーに行く時でも自然塩洗顔だけで口紅と眉墨だけです。
 時間はかからず大助かりです。唇の色がきれいになってきたので口紅を忘れることがあります。
 唇の縦敏が減りました。
○ 朝、自然塩洗顔すればお昼になっても顔に脂が浮き出さず、化粧崩れしない、
 夏でもメークが長もちします。
○ 髪がしっとりして櫛の通りが良い。フケ、白髪、抜け毛、枝毛、折れ毛激減、丈夫、しなやか、
 自然の光沢で、髪の伸が速くなる。髪が増える。結果的に育毛・養毛を助ける効果がある。
 ふわりとしてボリューム感が出る。
○ 踵のささくれでストッキングをよく破るので出張にストッキングを何枚も持って行っていましたが、
 踵がツルンツルンになったので要らなくなりました。
 夏、冷房の効いた事務所で勤務しても肌が乾燥しなくて、しっとりしています。
 夏でも汗をかきにくかったが、塩浴を始めてから汗がよく出るようになり体調が良い。
 塩浴を始めてから夏のあせもと無縁となり、天化粉が要らなくなりました。
 顔面神経痛、膝の痛み、足首捻挫で腫れたままになっていたのが良くなりました。
 寒さ冷たさに強くなって、霜焼けにならなくなりました。体が温かくて、冬でも冷水浴が楽しい。
○ 背骨の両側の筋に丹念に塗っていたら体が柔らかくなりました。肩凝り解消、筋肉疲労が取れます。
○ 鼻すすぎで花粉症の季節が来ても平気になりました。鼻炎が出ない。風邪を引かない。
 手放せなかったティッシュペーパーを忘れて出かけることがあります。匂にも敏感になりました。
○ 目を洗い、目の縁に塗っていたら下のたるみが消えました。目が疲れない、目やにが出なくなりました。
 10年間同じメガネ、老眼の度が進みません。目の回りの痺みがなくなり快調です。
○ 歯槽膿漏、口臭が消えました。
○ お腹に塗っていたら便通が良くなりました。便が臭くなくなりました。
 体内がきれいになっている証拠と思います。
○ 熟睡ができるようになって、疲労一掃、寝起きの頭スッキリ爽快。
 前立腺肥大で頻尿に困つていましたが塩浴2週間で頻尿が消えて、尿が予想外に良く出るようになりました。
 劇的に効きました。
○ 睾丸丸洗いを続けていたら精力が10年前に戻りました。(60歳)
○ 長年の大痔主追放しました。
○ 石鹸・シャンプーが水を汚染することは知っていましたがそれに代わるより良いものが
 ないと思っていました。塩浴は、より良い代わりと言うよりはこちらが唯一の主役であることが理解できました。
 人類が羊水の中から生れている限り塩浴以上によい浴法は見つからないでしょう。
 誰にでもすぐできる「家庭で出来る環境保全」をやらなくして「地球環境の浄化」はあり得ないでしょう。
♪歯磨きもお塩

昔から塩は歯磨きの王者です。
塩入り歯磨きが宣伝されていますが、塩がなければただの合成洗剤です。
@歯茎を引き締め歯槽膿漏を防ぎます。歯が丈夫になり、ムシ歯防止になることは
 常識です。ほっぺたの内側、舌・唇の裏側まで磨くとなお宜しい。
A食事前の塩歯磨きで、口の中に溶けた塩気がやる気を起こし、
 ほんの少し胃に降りて爽やかな食欲を刺激します。
B無臭無香‥・食べ物の味が正しく味わえます。
 ワイン、食品、料理、香水など 味 覚に関係のある人には特に大切です。
C歯科医院で抜歯の後のすすぎを一%以上の自然塩水ですれば出血はすぐ止まり、
 治りが早く、痛みません。


※市販の歯磨き剤は、界面活性剤=化学薬品です。
必ず、少しは胃袋までおります。
香料が味噌汁の食べ物の味・香りなどを歪めわからなくします。
必ず喉の奥まで漱をしましょう。


ご塩水で洗浄 花粉症対策  

杉は太古から沢山あって、
山村では空が黄色くなるほど花粉が飛んでも誰も何ともなかったのです。
昭和五〇〜六〇年代に国の植林政策による生態系の変化や
新しい公害物質などとの相乗もあるでしょうが、
この自然に耐えられなくなった人間の方の生活様式の変化、体質、体力の弱体化が
問題でしょう。杉が悪いのではありません。
花粉症もアレルギーの一種です。
花粉症になるのは、平素から石鹸で洗って、
塗り付けた化成コスメチック品が溶けて目に入り鼻へ通って、
鼻の防衛をしている繊毛を化学薬品で傷めているから、
ちょっとした花粉にでもたちまち過剰防衛反応を起こして排除しようと
いきりたってひどい症状が出ます。塩水で目・鼻・喉を洗えば正常な機能に戻ります。もともと、鼻の穴の粘膜は涙の塩水でいつも灌漑れているので、
鼻毛は抜けないし、抜いても抜いても後から生えてくるようになっています。
塩水洗いで、朝は、前夜睡眠中に吸った汚れを、
夕方は、昼間吸った汚れを洗い流します。塩は蛋白質を溶かします。
ウイルスも細菌も蛋白質です、手強い花粉症もノープロプレム。
アレルギーの予防になります。
匂いに敏感になり、今まで好ましかったり何とも思わなかった
石鹸、香水、タバコ、化粧している人の匂いなどがいやになります。
香り、匂いのビジネスマンには欠かせません。
サリン毒ガス事件などの被害を防ぐ意味でも、塩洗いで臭覚を鋭敏にしましょう。
○世界中のホテルの部屋は乾燥しています。旅先では目、鼻、喉の塩洗いを励行しましょう

なぜ、このようにアレルギーがふえたのかといえば、
原因としては戦後の食生活の洋風化が第一に挙げられる。
アレルギー体質は、アトピー性皮膚炎の項でも触れたように、
遺伝ではなく、食原病・文明病なのである。
昔は青バナをたらす子供が多かったが、いまではまったくみられず、
くしやみ、鼻水に移行している。
これは粗食から栄養過多の食事(陽性体質から陰性体質)への変化を
如実に物語る現象である。では、なぜ花粉の飛散が激しくなったのか。
マツやスギなどの樹木も人間同様、自動車や工場の排ガス、
たとえば、窒素酸化物や亜硫酸ガス、
それらによる酸性雨などの大気汚染にさらされており、
子孫を残すためのそれは必死の繁殖防衛と考えられる。
アレルギー体質激増の元凶は、洋風化の食事の中でも、
とくに牛乳・卵・動蛋食品である。
穀菜食・健常者の赤血球は小型でひきしまっているが、
肉食者のそれは大型でふくらんでおり、バイタリティーに乏しく壊れやすい。
当然、そのような血球からつくられる体細胞は自然な適応力や同化機能に乏しい。
加えて、牛乳や卵の蛋白質は分子も小さいために、
腸壁から血液中に異種蛋白として侵入しやすく、
アレルギー反応をひきおこすわけである。
その結果、ヒスタミンやセロトニンなどのアレルギー寿がつくられ、
花粉症独特のかゆみ、くしゃみ、鼻水、目の赤化、涙の流出、鼻づまり、
頭痛という不快症状が出てくるわけである。
現代っ子はアトピー性皮膚炎もそうだが、いまやアレルギー二世の世代となりつつあるこの世代では、以前に問題にならなかった植物油や大豆、麦、
そしてついにはコメもダメという子供がふえてきている。
こうなると、普通の食品は禁忌食品ばかりとなり、
特別なアレルギー用食品(除去食)を求めて親が苦労する、
という状況が出現している。しかし、途方にくれることはない。
卵、小麦、ピーナッツ、サバ、サンマ、マグロ、ブリ、イカ、タコなど
数ある禁忌食品やアレルゲンにばかりとらわれず、
日常食を玄米・菜食に切り替え、
アレルギー体質を改善する食品を食べ続ければ、体質改善は十分に可能なのである。

ご塩水で洗浄 花粉症対策 塩浴革命

@眼を洗います。
目薬もベースは食塩水です。
乾燥した目は視力が弱ると言われます。
コップの線を左右の目に交互にあてて、
瞼をパチパチ瞬きして洗います。
目を擦り過ぎたり、
”目ボ”の前兆で軽くなってきたりしたときは、
少し濃いめの塩水でパチパチやればたいてい治まります。
老眼、白内障、緑内障の予防。
目の周辺の余分な脂が取れてよく見えだします。
一〇年以上メガネの度が進まない老人が何人もいます。


A鼻を洗います。
鼻の穴も結構汚れているものです、
鼻の中の神経、びっしり生えている繊毛細胞は絶えず動いています。
これを喜ばせてやらなければいけません。
うつむいたまま片方の鼻を指で押さえて塞ぎ、
口を軽く開けたまま反対側の鼻の穴から流し込み加減に、
ゆっくりたっぷり口に入るまで吸い込んでから
(鼻がつまっていなければ口の中まで楽々入って来ます)
反対側の穴を押さえたまま下を向いて力いっぱい勢いよく”手鼻を咬みます。
至極簡単です。交互に数回行います。
霧吹き(ピトー管)の原理で溜まっていた不要な鼻水があれば引き出されて、
鼻の穴から前頭葉⇒頭のてっぺんまで通りがよくなり軽くなったような気がします、
スッキリして爽快です。鼻詰まりは首の固い人にも多く見られます。
若し、片側の鼻が詰まっているときは、立って、両腕を力を抜いてだらりと伸ばして、前後に水車のようにぐるぐる一〇〜二〇回ぐらい廻すと首が柔らかくなり、
鼻詰まりがとれます。
また、詰まっている側を上にして横たわっても数分以内にバッと通ります。
鼻洗浄の後暫くしてから俯いたとき、俯いたたまま横を向いたとき、
俯いた後顔を上げた途端に、鼻腔た溜まっていた塩水が不意に
タラタラとこぼれることがあります。
鼻腔が空になるまで何度も出ますがこれは良いことです、心配ありません、
そのうち出なくなります。
鼻の中は、涙(塩水)が絶え間無く流れ落ちて来て濡れている状態が、
機能が正常なのです。
塩水を鼻へ入れるのが難しい人は市販の鼻用スプレーに塩水を入れて使ってもよろしい蓄膿の気のある人は鼻汁がどば〜つと出て来るようになって快方に向かいます。
(いびき)は後部扁桃腺のところにある軟口蓋がだらりと垂れ下がって
喉が狭くなって起こる鼻詰まりが原因です、塩水を鼻に通せば追い追い良くなります。

Bうがいをして喉を洗います。
朝、うがいするだけでやる気が出てその日の好スタートが切れます。
味覚が鋭くなり、爽やかな食欲が出ます。
歌手、声楽家、代議士、喉・舌が商売道具の人などの喉のメンテナンス、
コンディション作りに卓効ありです。

人間は動物である

人間は汗をかかなければいけない動物です。
現代人の太る最大の原因は、恵まれ過ぎて、美食・飽食と車社会、
電化生活によって運動量が必要最小限以下です、
動いていることが生命を保つ根源です。
人工的なものを何も塗らない、付けたままにしないのが神の提です。
ペットの犬・猫も洗剤を塗られて痛めつけられています。
一日一万歩歩けと言いますが個人差があります。
歩幅、スピード、気温、湿度、着衣などで発熱量・運動量は大幅に変って来ます。
私は、汗ばむぐらいの運動、家事労働が最低限の目安と申し上げます。
電化製品を使ってもしっかり家事労働に励めば
太る暇が無いぐらいの運動量になります。
フケの多い人、冬、乾燥肌でカサカサする、顔に白い粉の出る人は、
石鹸、シャンプーを使って皮脂を剥ぎ取り、皮脂の出を悪くしている上に、
汗不足=運動不足、労働不足、部屋の乾燥過剰の警報です。
一汗かけば顔の白い粉も消えているでしょう。
家の中は片付き活気が出て所帯臭さも消えます。
額に汗して働いている姿は美しく人の心を打ちます。
女性でも体を動かしてほんのり汗ばんだときに
素晴らしいお色気と健康な美しさを感じるものです。
汗をかいた後の肌はしっとりしていて気持ちのよいものです。
 食事の塩分を制限すると体を動かす気がしなくなり運動不足になる悪循環。
動かなければ筋肉だけでなく骨や気分まで弱くなります、
限りなく植物に近くなります、
ボケと寝たきりが一緒に来ます。
痩せて美しくなりたいと、
太った人が無理なダイエット(減食、那食、栄養不良など)で減量したり、
痩せたりしたときは体力が衰え皮膚がカサカサ、声が悪くなります。
目的と矛盾しています。
 塩浴法で減量すれば贅肉が落ちて体力がつきます。
皮膚がゴムのようにしなやかになります。
太っている人でも澱粉質で太っている人はすぐ痩せます、
脂肪で太っている人は痩せにくい。
食べた脂肪はリンパへ入ってすぐには血管へは入りません、
脂肪をたくさん食べ過ぎたときは内臓へ入ります。
血液のほうへ入る量は大体一定しています。
血液から入った脂肪は皮下へ溜まります。
『健康』は食物、運動、生活のリズム、呼吸(皮膚・肺)などで成り立ちます。
良い塩を基本にした食事をし、生活のリズムを整え、運動・労働して汗で塩を出し、
塩浴で汗の不足を補うことです。

素顔・素肌礼讃

健康な素肌は美人の絶対条件です。肌の美しさと健康はイコールな関係です。
「いつまでも若く美しくありたい」なら素肌をみずみずしくすることが基礎。
欲しいのはお肌の適度な「張りと潤い」でしょう。「何も塗らないのが一番良い」と言うのが皮膚科医の常識です。
素顔か、せいぜい薄化粧のほうが年を感じさせません。
「化粧はしたくないけれど、代りのよい方法を知らないから仕方なく塗っていた」という女性も結構大勢います。
「出来ることなら素肌でいたいけれど、何もつけないと肌がカサカサ」という人は
石鹸、シャンプーなどを使っている上に運動不足の人です。信じられない人でも石鹸・シャンプーを
一週間もやめてご覧なさい驚くほどしっとりして美しくなります。
生足で外を歩けます、個人差はあまりありません。塩浴は化粧をやめる動機付けになります。
 昔のミス・ユニバースとも言えるクレオパトラも楊貴妃も、美容と健康のため、
入浴のときに塩を使って「凝脂」と讃えられたと伝えられています。
グアム島に居た横井庄一さんもルパング島の小野田少尉も肌は大変きれいだったそうです。
三〇年以上も石鹸・シャンプーなしの生活をしていた効果・功徳です。
 誰でも、生まれるまでは子宮のカプセルの中で羊水(塩水)を飲み、羊水に浮かんで大きくなり、
生まれたときは「玉のような赤ちゃん」で、もともと美しい完全な肌を神様から戴いているのです。
何かしなければ肌がくたばってしまうものではありません。
人は、生きて居る限り肌は潤いを保つメカニズムになっているのです。
 皮膚機能が正常であれば体内から皮脂と水分が適当に出て来て年齢、季節に関係なくお肌の美しさも最高です。
塩で洗い、お湯で洗い流し、真水で仕上げた健康なお肌にはみずみずしさ、
しなやかさ、張り、艶、明るさ、輝き、透明感、上品さがあります。
スキンケヤーとは結局汗をかき、汗が足りないときには自然塩で洗うことに尽きます。
素肌は汗と塩で輝きます。贅肉がとれて顔が細くなっても、皮膚に弾力があるから皺になりません。
二キビ、シミ、ソバカス、アレルギーなどすべての皮膚のトラブルは皮膚生理機能の狂いから起きています。
 『石鹸でひたすら洗い続けて角質を落とす』ことを売り物の美顔・美容法がありますが
角質を落とすのは不美容法″です。肌のみずみずしさとは角質のみずみずしさのことです。
角質は魚で云えば鱗です、鱗をはぎとった魚が水中で泳げますか?、残酷でしょう。
角質は皮膚の第一線ですからこれを人工的、強制的に剥ぎ落としたら、
環境の変化に対して自分を無防備状態にすることになります。
何もしなければ、角質は毎日自動的に垢になって均等に剥がれて行くのです、それが一番美しい皮膚です。
石鹸でないと毛穴が開かないと誤解させられています、汗のほうが完全に開きます。
石鹸、シャンプー、化粧品を使う娘さんよりも、
塩洗いだけのお母さん、おばあさんの方が肌が若いと言われた娘さんが驚いて塩洗いを始めたら、
急にきれいになってお友達がびっくりしたなどという話が多いのです。
塩浴する人が年より若く見られるのは、皮膚機能が正常だからです。
それだけ一般の人が皮膚の機能を悪くしているのです。
塩洗いで若返ったと思う人は今までのやり方が間違っていたのです。
塩浴で肌がツルツルになったと皆さん喜んでおられますが、誰でも、お肌はもともとそのように美しいものなのです。それを、「お肌に良い」といわれる高価なものを塗りつけてお金と時間をかけてわざわざ悪くしていたのです。
それはスキンケヤーではありません、スキンデストロイ(破壊)です。
日常の生活では皮膚は、毎朝毎晩医薬品や医薬部外品にお世話にならなければいけないほど汚れるものではありません塩水以外は何を塗っても程度の差はあれ有害です。
塩浴を続けていると皮膚が死なないから、死骸である垢の発生が極端に少なくなります。
肌が爽やかで不快感が無く、入浴をうっかり忘れることがあります。
 石鹸、シャンプーなどと塩を併用して「きれいになった」と喜んでいる人がいますが、
もう一歩踏み込んで塩洗いだけにして見て下さい、もっときれいになります。
「外から塗ったものが直接効く」「泡がきれいにしてくれる」という迷信から、早く目覚めた人が幸せです。
 幼児の唇には皺がありません。口紅を塗り出すと皺が作られます。
唇も顔の皮膚です、唇以外の場所の皺には大騒ぎをするのに唇の皺には無関心なのは不思議です。
「みんなで皺をつくれば気にならない」、口紅を塗らないで塩洗いだけの健康な唇は皺が出来ずツルツルです。
 人の美しさは肉体の造り、形だけでは存在しません。
内からにじみでる知性・教養・立ち居振る舞いなど精神的な美しさと混然一体となってこそ美しく感じられます。
知性美に輝いておれば塗りまくる必要はありません、塗りまくらないから知性美が感じられます。
ハード=皮脂と、ソフト=教養があなたを光らせます。
一見知的な仕事をしていても、化粧しないではいられないという人は感性が曇っている精神的に未熟な人です。
茶髪の流れでしょうか、手間暇かけて素肌に透明の化粧品を塗っておいて「素肌美人」というのはまやかしです。

皮脂こそ最高の美肌剤

 美しい肌をつくれるのは渉み出てくる自分の皮脂だけです。
皮脂こそ神様が一人ひとりに特別に調合して下さった最高の保湿・美肌成分、
唯一最高のあなたにぴったりのオールマイティなスキンケヤーオイルであり、ファンデーションです。
無着色、無香料、無刺激、基礎化粧品としての条件をすべて備えています。
皮脂に勝るものはありません。
化粧品の仕事が 「脂肪分を補って皮膚を乾燥から守るとともに、アレルゲンの深入りを防ぐ」と言いますが、
それは皮脂がいつもやっていることです、皮脂の分泌に任せておけば良いのです。
外界の刺激や紫外線から皮膚を守り異状を元通り回復し、トラブルに強く、殺菌もするし潤いも保ち、髪を養います。短期的にはシミ、ソバカスを、長期的には皮膚ガンを防ぎます。自分の皮膚は自分の脂で護ります。
皮脂は皮下からにじみ出るものです。
外から薬効成分を塗りつけたときだけ吸い出されたり引き出されてくるものではありません。
皮膚呼吸が出来る基本的条件です。
皮膚機能さえ正常であれば生きている限り皮脂は少しも休まず
春夏秋冬季節に応じて必要なだけ自動的に渉み出るように出来ています。
皮脂が不足するとひび割れが起こり、肌の機能が低下します。
肘や膝などには皮脂の分泌嫁が少ないからカサカサになりやすいのです。
アトピーでも、年をとってからでも肌がかゆくなるのは皮脂が正常に出ないで乾燥肌になっているからです。
中高年以降は生理的にも皮膚の脂肪分が少なくなるので余計乾燥肌になりやすいのです。
そこへ石鹸・シャンプーで皮脂を奪ってしまった皮膚の上に石鹸の異種性脂肪が残って皮脂の分泌を妨害するので
余計に悪くなります。
エヤコンの普及で乾燥した環境が増えました。皮膚がカサカサだといって脂肪分をたくさん食べても、
皮下や内臓に脂肪として溜まるだけで皮脂として皮膚を潤しません。
 皮脂の分泌は男性ホルモンの関係ですから枕カバーは男性のほうがより汚れます。
表皮の角質層の上に皮脂膜があって皮膚を保護しています。
洗剤、石鹸・シャンプーなどで落とされた皮脂膜の再生は男性で約二時間、女性で約四時間と言われています。
この空白時間は角質層が剥き出しになったままです。
女性は女性ホルモンが支配してもともと皮脂の分泌量が少なく外界からの刺激に弱いのです。
四時間以内に再び洗剤や石鹸を使うと皮脂膜が間に合いませんから、女性に手の荒れる人が多いのです。
石鹸・シャンプーは男性よりも女性にとって強敵です。手荒れは食中毒、黄色ブドウ菌の巣窟になりやすいのです。
一九九六年六月に起きた0−157事件以来石鹸手洗い励行ですが、洗い過ぎは要注意です。
皮脂が皮膚表面に広がっていれば病原菌が皮庸に付いても水洗いだけで簡単に落ちるものです。
人間も動物の冬眠の生理を引きずっているようです、
秋からは来るべき冬の寒さに耐え凌ぐために食欲を増やして、
体内の脂肪分蓄積を優先して皮脂の分泌を少なくしますから乾燥肌になりやすいのです。
その上、太平洋側は空気が乾燥するので大変です。
雪の多い日本海側の冬は湿度が高く、冷たい風、冷たい水で皮膚生理が正しく保たれるから餅肌が多いのです。
『水で顔を洗っているだけ、何かつけるから荒れるの』と秋田の七〇才のおばあちゃんがTVで言っていました。
今は家は暖かく瞬間湯沸かし器、シャンプー、リンスなどの普及で、餅肌が少なくなるおそれがあります。
 皮膚から分泌すべき脂肪分が出ないで体内に留まって動脈の内側の壁に溜まると
動脈硬化、心臓病、脳卒中などの危険性が出て来ます、その他の老廃物も体内に残ります。
これらを防ぐには運動をして脂肪を燃焼させ、汗をかいて老廃物と一緒に引き出すしか方法がありません、
ついでに痩せるかも?。
 男も女も思春期になると必然的にホルモンが活発になり皮脂の分泌が多くなって二キビの出やすい
仕掛けになっています。
そこへ石鹸・シャンプーを使い化粧品を使えば、出すべき老廃皮脂が出ないのですからニキビになります。
ニキビ退治は石鹸・シャンプーをやめることが第一条件です。
塩洗髪・洗顔で回復します。戦前には二キピが出たらそこへ塩をつけていたものです。
 自然塩で洗って石鹸、シャンプーがつくったシールをとり除けば、皮脂は自動的にスムースに出るようになります、これ以外はなにもしてはいけないのです。老化とはみずみずしさが無くなること、細胞から水が減ることです。
塩を十分食べていれば塩が水を呼び、細胞に水が保たれ、文字通り正真正銘「みずみずしいお肌」になります。
「若い人はお肌の保水力がまだ弱い」
「空調が肌の水分をどんどん取ってしまうから、保湿成分だけは塗らなければいけない」
などと化粧品会社が宣伝していますが、若いから保水力があってみずみずしいのと違いますか?。
乾燥肌とか敏感肌というのは石鹸・シャンプーで洗いすぎて皮脂の分泌が足りないよということです。
お寝み前の洗顔は化粧を落として素顔になると顔を休ませることになり気持ちが良いですね。
「美肌は夜作られる」と、女性ならだれでもすることです。
このとき、
「自然塩洗いで化粧を落とし、水で洗い流しただけでも顔がツルツルになったから塩の良いことは理解出来た。
さらにその上に、肌に良いと言われている化粧水、乳液、クリーム、ローション、パック、など何か塗れば
明日の朝はもっときれいになっているに違いない」と夢膨らませて塗ったら逆効果です。
化粧品会社の宣伝に乗せられた固定観念に縛られている人は気の毒です。
塩だけなら三歩前進のところが、良くてもせいぜい三歩前進二歩後退でしょう。
せっかく、塩で皮膚の老廃物を溶かし流し、貴女のお肌から新しく渉み出る貴女自身のスペシャル栄養クリームが、
さあ今から出ていって明日の朝までにお肌をきれいにしようとしかけているところへ化学薬品を塗ると、
出口を塞いでしまって、内部で立ち腐れになってしまいます。
塩だけで洗えば翌朝は茹で卵をむいたようなみずみずしいお肌になっているものを。
化粧が肌を傷めるからこそ「化粧を落としてお肌を休ませてあげましょう」と言って、
化粧を落とすために塗る化粧品が売られています。
お寝み前に使うだけでも
@クレンジングクリーム
A拭き取り化粧水
B洗顔石鹸
Cパック
D栄養クリーム
E化粧水
F乳液
G念入りなダブル洗顔などなど次々といろいろあるものです。
このつぎはこの化粧品を何で落とすのでしょうか?。
人の顔は生きた細胞です、死んだ動物の革で作った靴に保革クリームを塗るのと違います。
今日からノーメイク。

塩浴で食べ物や生活の間違いがわかる

 塩浴で、食べ物や生活があなたの体に合っているか否かの判定ができます。
アレルギーの人が食べ物や生活に敏感に反応するように、
食べ物と生活によって皮脂の質と量も決まります。
 男も女も皮膚の生理は同じですが、男性に比べて女性の方が皮脂が少ないので、
冬になると、塩洗いをしても、
翌朝の顔が脂切れしてカサカサになっている女性がいます。
こんな人は石鹸、シャンプーと過剰暖房をやめて
食事を穀・菜食を多くしてみて下さい、良い変化が出るでしょう。
人は何といっても食べ物の函数です。
穀・菜食を実行している人は良い結果が早く素直に出ているようです。
生活の環境とリズムと食生活が正しくて良質の皮脂が正常に分泌していれば
皮膚の異常は起きないものです。
動物は自動車などと違い、
口から食べたものが車体にもなれば、ガソリンにもなります。
食べ物の種類・質により車体の丈夫さも、馬力も違います。
どんな高価な化粧品、薬を塗ってもそれが栄養やエネルギーや細胞にはなりません。
ファーストフード、肉食偏重、夜更かし、
自堕落な生活の上に空気汚染などの環境悪化が化粧品の害を強めます。

皮膚呼吸を忘れたシェープアップで不健康?

「酸素を吸って美容と健康」と、
エアロビクス、ジャズダンス、フィットネスクラブはカルチャーセンターの花形教室。
体にぴったりのカラフルなレオタードとタイツに身をつつみ、
にこやか、爽やか、生き生き、
きびきびと汗びっしょりになってリズミカルに動き回っている姿は、
見ているだけでも楽しく気持ちの良いものですが
通気性、透水性、保水性の悪い化繊レオタードとタイツで皮膚を覆って締めつけては、
覆っている部分の汗と油の出を悪くし、
出た汗で濡れた皮膚は水に溺れた状態で酸欠仮死状態になります。皮
膚呼吸どころか、汗も脂も出にくくして激しい運動をしています。
内臓⇒皮膚に障害が出ます。
人体生理を無視して腋毛までご丁寧に除いている女性が殆どです。
その上、アルミサッシの窓を締めきった気密の部屋でやったりしたら、
いくらエヤコンをかけているといっても、
激しい運動をする人の吐く炭酸ガスがこもってしまって肺も皮膚も酸素が不足します、
脳細胞の酸素はどんどん不足し、脳は機能しなくなり、
いい気持ちになって苦しくないので分かりません。
既に一部の生徒さんには原因不明の肌荒れ、
シミ、ソバカス、アレルギー等が出ています。
有酸素運動を標模するエアロビクスが、
皮膚呼吸を忘れて無酸素運動をしているようです。
健康のゴールを目指しているつもりが、
健康とは逆のカ向へ走っていることになりましょう。
密着肌着はシミをつくります、すっ裸が一番良いのですが、
着るなら、ゆったりして、通気性、透水性、保水性が良くて
露出面積が広いものがお薦めです。
少なくともタイツは不要です。