本文へスキップ

   お塩ちゃん夕張店は 天日海塩750g総販売元です

電話でのお問い合わせは0123(57)7139

メールでのお問い合わせはこちら

                        お塩〜ご塩      

あいにく、日本国内では、多湿の為、海岸で自然にお塩は結晶しません。
従って、長い間、製造工程で、海水を、加熱したり、煮詰めたりして、
塩造りを行い、お塩を手に入れてきました。大変、苦労して生産してきました。
「ごみ」とにがり(苦汁)との葛藤で、お塩の生産。
生きていくために不可欠な「お塩」を入手するために、試行錯誤の連続でした。  
きれいな海岸で天日と風で結晶するお塩が、原料として最適です。

本来、必要とされるお「塩」は
広大な海の情報が、いっぱい、つまった「
海の化身」です。
だから、「塩」の造り方が、大変重要です。
造る側の意図が間違っていると、大変な影響を及ぼすのです。
「塩」とは、どういうものが「塩」なのか?
「海の海水」(陸地で塩水が湧いているものは、海水ではない)が、
干上がって風や天日で乾燥し、水分がなくなって残ったものが塩です。
すると、この工程には、
塩田で濃縮した海水を、仕上げに平釜で「煮つめる」という工程がありません。
又、今、日本でつくられている「自然塩」と称する塩も同じで、
仕上げに平釜で煮つめてつくっています。
海水を一度沸騰させたらどうなるか?
「生きている海水」が、「死んだ海水」になってしまうのです。
味も一変しています。
「死んだ海水」から出来た塩は、「死んだ塩」になっているのです。
大海のパワーも、同然、なくなってしますのです。
それだけ、製造には、ノウハウが必要なのです


参照ページ
 日本の塩の作り方
 伯方の塩 製造工程

地球は、陸 海 空 で成り立っています。地球には、三方向のエネルギー
知れば知るほど神秘な事が多い【海】、その海の機能を持った【塩】こそ、
【陸】で生活する人間にとって、生きていく為の、「大切な贈り物だった」のです。
【海】は広大で神秘の力を持っています。

人間の身体は、小さな地球です。
水分と有機物の比率が、ほぼ7:3。地球も海と陸の比率が7:3です
人間の水分は、細胞外腋の成分がNACL(塩)で、細胞内腋はカリウム
海の成分もNACLです。また、赤ちゃんは、お母さんのお腹で育ちますが、
赤ちゃんは羊水という海の成分と同じ水の中で育ちます。
私達人間にとって、水は最も重要な成分です。
この水が濁っていたり、粘々してたり、不足したりすると、 体内の循環が悪くなります。大切な栄養素を必要な場所に運びたくても運べません。
水が汚れて、汚染物質水が汚れて、汚染物質がいろいろな場所に付着すると、
水の流れが中断し、障害が発生します。

なぜ、大切な「お塩」が、呼び捨ての「しお」に?
「減塩」といって病気の原因・元凶にされ、悪者にされてきた塩。
「お塩」にたいへんお世話になっているにもかかわらず
それに加え、安価なことで、ありがたさを忘れ、
「簡単に手に入れることができる」事で、軽視されてきた「お塩」。
そして、食塩のことを「お塩」から、呼び捨ての「しお」に・・・
「お水」も、呼び捨ての「みず」に、、、大切さを忘れた証!
「食塩」
国がお墨付きをつけている「食塩」
お塩の製造や供給が
国家の重要な役割の一つであることは
古代から現代に至るまで同じです 
国のお墨付きの「食塩」のどこに問題があるのでしょうか?
専売法廃止に伴う、2004年の「塩」の輸入自由化
選択肢は広がりましたが、商品を見極める力も必要になりました。

当サイトでは、人間に必要不可欠な最適・最善の「塩」を、
【ご塩】=「ごえん」と称し、【ご塩】について説明しています

 国語の時間では教えない「お」と「ご」の意味
【お塩】【お水】は、何故「お」がついているのでしょうか?
とてもとても大切なもので、なかなか理想的なものを手に入れられない「貴重な物」だから、そのことを「お」をつけて、大切なものとして、表現してきました。他にも「お」がついているものがあります。とおさん/かあさん/ばあちゃん/じいちゃんです。
「お」の意味を考えると、本当に大切であることが分かります。
しかし、現状はどうでしょう。
【お塩】【お水】と同様に、「呼び捨て」にされてないがしろにされがちな世の中です。ここに、社会問題の解決のヒントがあります。
近いうち汚染が進み、意識が変わり、【空気】も「お空気」とよばれる時代がこない事を望みます。(2007年)
しかし、2011年、福島原発事故で、放射性物質の汚染で、空気まで、心配する必要が発生しています。
「お」と同様に、最も大切にしなければならない「ご先祖様」の
「ご」
もありましたね。
ご先祖様を考えることは、今の自分を見つめることにつながります。
国語の時間では教えない
「お」「ご」の意味する事を考えだしたことで、私の葛藤と挑戦が始まりました。
多くの問題を解決する為には、まず、この
「お」「ご」の真意を考えて、原点に戻ることが大切です。この「お」「ご」に、最大のヒントがあるのだと考えます。
「お」と「ご」の真意を考える事で、解決策が見えてきます!

忘れがちではあるけれど、基本で原点は、両親/祖父母/ご先祖様を大切にすることだったのです。