本文へスキップ

生き残る為の術(術)。ご塩社 お塩チャンネル公式サイト

電話でのご予約メールTEL.0123(57)7139

〒068-0413 北海道夕張市鹿の谷3-3

      驚きの連続

お塩チャンネル ご塩社の独自のサーバーで配信 サムネイル一覧→

特ダネ① 塩分摂取量の計算が、食べた量ではなかった 尿ではかる

いや~、驚きです。体中の人体生理を無視!!!
クスリなどの化学物質などを身体は異物として判断して、出そうとします。
患者さんは、当然ク スリを飲んでます。
つまり、クスリの害を塩分と 一緒に出そうとして身体を守ろうとしています。 ですから、余計に塩分が身体から抜けていく事になります。
摂取した塩分は、身体の至るところで使われて腎臓に行って「ろ過」されます。さらに、濾過された塩分は、99%以上、再吸収されます。
つまり、腎臓は、身体から塩分が抜けないように働いています。

24時間 尿を集め 排泄した塩分量を測定 ⇔摂取した塩分量

摂取した食塩(NaCl)の大部分は、余分な塩分として、尿や汗に排出されます。(本当だろうか?)腎臓の機能はどこに行ったの?
多量の汗をかいた場合はかなりの塩分が失われますが、通常は大部分が尿に排出されます。(多分、めちゃくちゃだと思います)
このため

24時間尿を集め、その量とNa濃度を測定し、排出した塩分量

求めることができます。と説明にあります。・・・・

腎臓の働きや、身体の至る所で使われる塩分を無視している

一日に摂取した食塩量  ほぼ同じ 人体生理
無視 
 
 尿に排泄された食塩量


動画のサムネイル

     
     
     
     

チャンネルをクリックしてください
 ①お塩について 基礎編
 ②お塩の問題点について
 ③コロナワクチンについて
 ④誰がこんな世の中にした!!!
 ⑤ライブ配信 #ご塩塾
   

運営者:笹谷達朗の自己紹介動画




ご塩社 お塩チャンネル公式サイト

〒068-0413
北海道夕張市鹿の谷3-3
TEL 0123(57)7139
FAX 0123(57)7139
お塩の相談電話 08023862421

 メール
 
 50os1050@gmail.com