本文へスキップ

生き残る為の術(術)。ご塩社 お塩チャンネル公式サイト

電話でのご予約メールTEL.0123(57)7139

〒068-0413 北海道夕張市鹿の谷3-3

人や動物は、金属であるミネラルを摂っても、わずかしか吸収できない

ミネラルのお話 ミネラルは循環している

人は、ミネラル(鉱物=金属)を吸収しにくい身体になっています。ですからカルシウム、鉄分などをサプリメントなどで摂っても吸収しにくく、身体に摂りこまれません。
では、どうすればいいの?私たちは、植物・海藻を食べる。
なぜでしょうか? 植物は根酸を出して、土壌のミネラル(鉱物)をとかし、植物中にとりこみます。植物が吸い上げたミネラルは、水溶性ですから、人の身体の中で使えるミネラルとなります。肉食動物は、ミネラルを食べた草食動物を食べてミネラルを間接的に摂取している。ミネラルは、陸から川によって海に運ばれ、海上では蒸発した風によって陸地に飛沫で運ばれて、循環をしています。

塩化ナトリウム 最も誤解されているミネラル 大活躍のミネラル

院長写真

お塩の主成分は、塩化ナトリウム

お塩の主成分のミネラルは、塩化ナトリウムです。塩化ナトリウムは、身体の中で
きちんと活躍してくれるミネラルです。減塩すると身体で活躍するベースとなるミネラル
が完全に不足します (ナトリウムは代表格のミネラル)ナトリウム(Na)は、悪者どころか
大活躍する主役級のミネラルで、ヒーロー的存在だったのです。

減塩を勧める医師に、ぜひお尋ねしたい。生理的食塩水(電解質)の効能


瀕死の患者に、点滴(生理的食塩水)。蘇ってくる不思議

塩化ナトリウムが、身体に悪いと主張する皆さんは、点滴(輸液)で生理的食塩水をうつことができなくなります。輸液の生理的食塩水は、電解質。
輸液の基礎知識については、こちらから→→→
身体の中で、最も必要とされるナトリウムが、
なぜ、ここまで、悪者扱いにされ続けているのか?
どうして、科学者が、お塩についてのきちんとした研究を事をやってこなかったのか不思議でなりません。自分がやりたい研究費を風邪ぐ御用学者の仕業
味の素が身体に悪くないと説明する味の素の学者。
コロナのワクチンが安全と説明するワクチンを販売する側の説明の信憑性は、信じるに値しない。ちなみに、ファイザー製薬のワクチンの治験で、使われたプラセボは、生理的食塩水だった!!!


海の成分について ニガリとは ニガリたっぷりは危険です

海水の塩分濃度は、約3.5%

人の体液(血液)の塩分濃度は、0.85%で、人は、海の四分の一。ニガリは薄い液状で、その塩分の約40%含まれ、結晶にすれば、その三分の一位になります。
実際に塩の結晶に含まれるのは、20%が限界ですが、塩に出来上がった時には、5%位逃げて、15%が上限です。
こんなにニガリがある事は、人体に有害なのです。ニガリの凝固作用
結晶のニガリは、ゴミさえ無ければ白く見えます。
本当に苦いからニガリと言うのです。英語でもbitter
苦汁を飲ませる、苦汁を飲ませられた、苦汁に満ちた決断
つらいことの代名詞です。
ニガリの説明をする時、内容によって、「ニガリが必要」とか「ニガリは毒だ」となります。
広義と狭義の意味をケースバィケースで使い分けますので、消費者の皆さんは混乱します。
ニガリの主成分であるマグネシウムが多い時と少ない時で作用が極端に変わる事を説明しています。
きちんと把握しないと、人体に与える影響が大きいのがニガリの特徴です
 

ニガリの説明 広義のニガリ 狭義のニガリ

海水から採れた塩の成分のうちの塩化ナトリウム(Nacl)を除いたもの。自然塩推奨者はこの広義のニガリのことをミネラルと言っています。塩1トンで最大でも200kg位、実際には150s位しか採れない。
狭義では、ニガリの主成分である
塩化マグネシウムを指します

ニガリ成分の適正な量とは、適正な黄金率

食べる塩の成分にも、適正な黄金率があります。塩は主成分である塩化ナトリウムが主役です。ニガリは脇役です。例えば、ぜんざい、しるこには、砂糖を多く使いますが、ここに塩をほんの少し加えると対比効果で甘さが引き立てられ深みが増し、味が立体的になることは周知です。
調子に乗って塩を多く加えるともはや甘味としてのぜんざい・しるこの味ではありません。塩化ナトリウムにニガリ分の占める比率はこの対比効果と同じぐらいがよいのです。

歴史を見れば、塩の品質の変遷と人間の肉体・精神の変化の関係が誰にでも
容易に理解出来ます。見落としている人が多いのです。
せいぜい、1〜3%あるくらいがベストと歴史が証明しています.
塩事業化センターの食塩や岩塩のように、ニガリがゼロでも、ミネラルバランスが崩れてよくないのですが、ニガリの多すぎは、もっと恐ろしいのです。生命の維持には必須ですが、多いと例外なく害があります。
ニガリが美味しい・・・
「くさや」や「なれずし」がおいしいというのとは違います。
どちらに片寄っても食用の塩としては、健康に悪く、塩の味、料理の味が劣ります。海水の水分だけを蒸発させて結晶にしたものがベストと言うのならば、どうせ溶かして調理に使うのですから、結晶になる直前の濃い塩水ならもっと良いのでは? 濃縮海水をさらに加熱して結晶にする時、塩化ナトリウムがシャーベット状の結晶になった時点でも、ニガリはまだ液体のままで結晶になっていない部分があります。ニガリの主成分である塩化マグネシウムのマグネシウムだけが、植物性でも動物性でも、蛋白質と出会えば見境なしに固めてしまいます。そのまま人体に入れば、人体の蛋白(腎臓)が豆腐になりかねません。(ニガリの凝固作用には注意が必要と水酸化マグネシウムの下剤には書かれてある
ニガリダイエットやにがり健康法が流行りましたが、すっかり下火です。偽物は、本能で気が付いて、続きません。

海水をそのまま飲む健康法はいまだかつてない

海水の成分そのままの塩が良いと信じ自慢する人達は、海水を一口でも飲んでみたことがあるのでしょうか?  海水の成分すべてがそんなに有り難いものなら、昔から、毎日海水を飲む健康法があっても良いでしょう。
結晶になる直前の 濃縮海水の方が費用もかからず、生理的にも好ましいのではないのでしょうか。自分で毎日海水を飲んで見せて実証して下さい。
皆さんは海水を飲んだことがありますか?コップ一杯も飲めません、味覚が拒絶します、そのままの成分では食用には不向きです。 身体生理に合わないのです、健康に良くないのです、無理にでも飲むと、必ず腎臓を傷めます。
有史以来、海辺に住んでいる人たちでも、海水をそのままでは食用には使いませんでした。 必ず塩の結晶にしてから食料にしました。結晶にしただけの海塩は人間の生理にとって ニガリが多過ぎるので、ニガリを少し残す程度まで抜いてやらねば、健康を害し味も良くない。


 水酸化マグネシウム 下剤 添付文書 注意書き
 (1) 腎障害のある患者
[マグネシウムの排泄が阻害され貯留を起こす おそれがある。]
 

お塩の未知(テキスト)について


ご塩社 お塩チャンネル公式サイト

〒068-0413
北海道夕張市鹿の谷3-3
TEL 0123(57)7139
FAX 0123(57)7139
お塩の相談電話 08023862421

 メール
 
 50os1050@gmail.com